“スレンダー美女”只埜なつみ、準グランプリ受賞に「『準』は伸びしろの準だと思っています」

2020/12/23 22:47 配信

グラビア

只埜なつみが「ミス夕刊フジ子2021」準グランプリを受賞した

只埜なつみが「ミス夕刊フジ子2021」準グランプリを受賞した

夕刊フジの2代目イメージガール「ミス夕刊フジ子2021」の表彰式が12月23日に東京都内で行われ、ファイナリストの只埜なつみ、石原寛子未梨一花、雪月彩瑛、竹垣綾香、中川由伊菜、大崎菜々子、東雲にゃも、小林広美、蘆田真衣、手塚理恵、Nagomiが水着姿で登場。抜群のスタイルを誇るスレンダー美女・只埜が準グランプリおよび東映賞を受賞し、受賞の喜びなどを語った。

「ミス夕刊フジ子2021」は、ライブ配信スタジオ・マシェバラ、撮影会、東映イベントを通じて3カ月にわたるし烈なオーディションによって選考。各受賞者は、夕刊フジ紙面への登場はもちろん、夕刊フジ主催および関連イベント、リポーター取材、WEBサイト「zakzak」などで、1年間活動していく。

準グランプリを受賞した只埜は、受賞の感想を聞かれ「準グランプリを受賞させていただいてありがとうございます。応援してくださったファンの方のお力のおかげだなってかみ締めています。今回の“準”というのは、伸びしろの準だと思っています。これがゴールではなく、前に進んでいくための準だと思っているので、応援していただければうれしいです」とコメント。

また、ファンに向けて「本当にありがとうございました!と、伝えても伝えても伝えきれないです。皆さんの応援を胸に頑張ります!」と語った。

◆グラビアアイドル イベントフォトリポート◆

グラビアアイドルイベントフォトリポート

関連人物

画像で見るニュース