岩田剛典、新田真剣佑共演の復讐劇「名も無き世界のエンドロール」メイキングカット公開!和やかな学生時代から一変…

2021/01/21 18:00 配信

映画

「名も無き世界のエンドロール」メイキングカットが到着

「名も無き世界のエンドロール」メイキングカットが到着

岩田剛典主演、新田真剣佑共演の映画「名も無き世界のエンドロール」(1月29日[金]公開)のメイキングカットが解禁された。

原作は、行成薫の同名小説。岩田が穏やかで優しい性格でありながら裏社会に入り、いくつもの危ない橋を淡々と渡っていくキダを、新田がキダの力を借りながら会社経営者となり、頭脳と情熱を注ぎ込みのし上がっていくマコトを演じる。幼なじみの二人は、自分たちの人生を変えた不条理な世の中に復讐するため、10年もの歳月を費やして、日本中を巻き込む“ある計画”を企てる。他キャストには、山田杏奈中村アン石丸謙二郎大友康平柄本明らが名を連ねる。

過去と現在が激しく行き来しながら物語が進み、ラスト20分で真実が繋がっていくという仕掛けが見どころの本作。今回解禁されたのは、過去パートの学生時代と、闇の交渉屋と実業家へとそれぞれ変貌を遂げた現在パートの撮影現場を捉えたもの。

佐藤祐市監督が「過去と現在の違いを表現するために、大切な思い出が詰まった過去のシーンは“暖色のアンバー系”に、ある壮大な計画に向かって邁進する現在を“寒色のブルー系”のトーンで撮影しました」と語る通り、学生時代1枚とその他の写真を比べると色のトーンの違いが見てとれる。

そして、計画の準備を行う基地となるマコトの部屋の全貌も。過去と現在の色彩の違いは美術セットにも反映されており、マコトの部屋は青系で統一されている。成功を収め、誰もが羨む一等地のタワーマンションで暮らすマコトだが、部屋はどこか冷たくさみしい雰囲気がただよう。岩田と新田の熱演はもちろん、二人の心情を反映した空間と工夫を凝らした映像にも注目だ。



映画「名も無き世界のエンドロール」
1月29日(金)全国ロードショー公開
監督=佐藤祐市
原作=行成薫
脚本=西条みつとし
出演=岩田剛典、新田真剣佑
   山田杏奈、中村アン/石丸謙二郎、大友康平、柄本明
配給=エイベックス・ピクチャーズ
(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
※「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」は、映像配信サービス・dTV で1月29日(金)より全3話独占配信
▼公式サイト
namonaki.jp/

関連番組

関連人物