夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工ら豪華俳優陣によるドラマ「息をひそめて」が4月スタート!

2021/02/25 00:23 配信

ドラマ

4月スタートのHuluオリジナルドラマ「息をひそめて」に夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工らが出演

4月スタートのHuluオリジナルドラマ「息をひそめて」に夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工らが出演

夏帆石井杏奈村上虹郎安達祐実斎藤工らが出演するHuluオリジナル「息をひそめて」が、4月23日(金)からスタート。キャスト陣が作品の魅力などを語った。

「息をひそめて」は、多摩川沿いで暮らす人々に光を当てたオムニバスドラマ。監督・脚本は「四月の永い夢」(2017年)で「モスクワ国際映画祭」国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評連名特別賞をダブル受賞した若手映画監督で、詩人としても活動する中川龍太郎が務め、この“いま”を生きる人々を美しく繊細に描き出していく。

夏帆、村上、安達、三浦貴大瀧内公美光石研、斎藤ら、実力派俳優陣に加え、石井、蒔田彩珠萩原利久長澤樹横田真悠小川未祐ら、次世代を担う期待の若手も出演。各話に登場する市井の人々を演じる。

同作は8話のオムニバスストーリーで構成され、2020年コロナ禍となった多摩川沿いの街が舞台。

第1話の増田妃登美(夏帆)は食堂を営むも緊急事態宣言により客が激減、第2話・大学生の高岡七海(石井)は帰りたい場所もなく1人で学生寮に留まり、第3話・ごみ収集員アルバイト宮下心平(村上)と会社員松崎妃美(安達)は人と人が触れ合う機会が奪われる中、マッチングアプリで出会う。

第4話・三隅夕河(蒔田)は大学進学を控えるも、父・雅人(光石)との窮屈な日々の暇つぶしに宅配のアルバイトを始め、第5・6話・リモートワークになった十和田淳(三浦)と皐月(瀧内)の夫婦は24時間顔をつき合わせる生活、第7話・高校3年生の珠美(小川)は最後の合唱コンクールが中止になるなど、それぞれ今までとは一変した生活を余儀なくされている。

そして、第8話・高校教師の水谷光生(斎藤)は2021年晩秋、コロナ禍を経た未来の姿を描き出し、8編のショートストーリーが重なり合うことに。

各話タイトルは「人も場所も全ては無くなる」「君が去って、世界は様変わりした」「たまに遠く感じる、君のことが」など、各話の主人公がつぶやくモノローグで印象的に展開されていく。

中川監督は、本作で脚本家・高田亮とタッグを組み、オリジナルストーリーを構築。音楽を担当したのは、各地を旅しながら新たな旋律を生み出し続け、初のミュート・ピアノソロアルバム「スティルライフ」シリーズも話題を呼んでいるharuka nakamura。

さらに、国内外で多数の賞を受賞してきたカメラマン・上野千蔵が、撮影監督として参加。“最先端クリエイティビティーの顔”というべき製作スタッフが生み出す“色彩豊かな映像”と“美しい音楽”が、4K映像と5.1chサラウンドでハイクオリティーに楽しめる。

Huluオリジナル「息をひそめて」
4月23日(金)独占配信スタート(全8話)
※初回のみ4話同時配信、以降毎週金曜1話ずつ追加

<スタッフ>
監督:中川龍太郎
脚本:中川龍太郎、高田亮
音楽:haruka nakamura 撮影監督:上野千蔵

▼2021年4月期の春ドラマ一覧はこちら▼

【春ドラマまとめ】2021年4月期の新ドラマ一覧


◆【動画配信サービス】最新情報はコチラ◆
動画配信サービス徹底比較

関連人物