閉じる

よるドラ「ここは今から倫理です。」制作陣が語る、人気漫画を実写ドラマ化する意義

2021/03/13 07:40

「ここは今から倫理です。」より
「ここは今から倫理です。」より(C)NHK

本日3月13日に最終回を迎えるよるドラ「ここは今から倫理です。」(NHK総合)が、異色で面白い。本作は、20代を中心に人気を誇る雨瀬シオリの同名コミックを実写化した学園ドラマ。高校を舞台に、ミステリアスで風変わりな倫理教師・高柳(山田裕貴)が、さまざまな問題を抱えた生徒たちと向き合い、時に同僚の教師たちとも衝突する姿を描く。

日々価値観が揺さぶられ続けるこの世界で、新時代のあるべき“倫理”を問うこのドラマ。それは物語の中だけにとどまらず、私たち視聴者の日常をも問い直す。ただ画面越しに見るだけではなく、ドラマ内で起こる物事を一緒になって考えさせられる、そんな面白さがあるのだ。

では、なぜ今、漫画「ここは今から倫理です。」を実写ドラマ化することになったのか。チーフプロデューサーの尾崎裕和氏と、チーフ演出かつ企画者である渡辺哲也氏にその経緯と制作秘話を聞いた。

「山田裕貴さんとの出会いは、朝ドラ『なつぞら』」


「ここは今から倫理です。」より
「ここは今から倫理です。」より(C)NHK

――まずはこれまでの経歴、どんな作品に携わってきたのかを教えてください。

渡辺:実は僕と尾崎さんはNHKへの入局も同期で、ドラマ部に異動になったタイミングも同じなんですよ。2007年にドラマ部(現:制作局第4制作ユニット)に来たのですが、だいたいドラマ部での仕事は大河(ドラマ)や朝ドラ(連続テレビ小説)の助監督から始まります。そして、助監督をしながら一本だけ撮らせてもらえるのですが、僕が初めて演出を務めたのは、「ゲゲゲの女房」(2010年)という朝ドラでした。

また2011年には、僕のキャリアの中では珍しく、自分で提案した「生むと生まれるそれからのこと」という単発ドラマも撮らせてもらっています。その後、大河ドラマ「真田丸」(2016年)をはじめ、ほとんどは大河か朝ドラの演出を担当していました。ちなみに、山田裕貴さんとの出会いは、朝ドラの「なつぞら」(2019年)でしたね。

尾崎:僕も演出や助監督を経て、今はプロデューサーをしています。プロデューサーとしては、「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」(2019年)や「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(2019年)といった、同じよるドラ枠での初期のドラマを担当したほか、朝ドラの「エール」(2020年)にも入っていました。2022年に放送予定ですが、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でもプロデューサーを務めています。朝ドラと大河をやりながらよるドラもやってる感じですね。

よるドラ「ここは今から倫理です。」(全8回)
毎週土曜夜11:30-0:00
NHK総合にて放送

画像一覧
42

関連番組

ここは今から倫理です。

出演者:山田裕貴 茅島みずき 池田優斗 渡邉蒼 池田朱那 川野快晴 吉柳咲良 板垣李光人 田村健太郎 浦上晟周 異儀田夏葉 藤松祥子 川島潤哉  ほか

関連人物

  • 山田裕貴

  • 渡辺哲也

  • 高羽彩

  • 池田優斗

  • 茅島みずき

  • 池田朱那

  • 田村健太郎

  • 渡邉蒼

  • 陽月華

  • 川島潤哉

  • 三上市朗

  • 梅舟惟永

関連ニュース

  • 山田裕貴が連ドラでの苦労を告白!「毎日ずっとその子のことを思っていて苦しかった」 <インタビュー>

    2020年7月19日15:00
  • 山田裕貴主演「ここは今から倫理です。」の関連番組で、ぺこぱが“倫理”について考える

    2021年1月21日20:13
  • 山田裕貴が「ここは今から倫理です。」実写化で主演!役を通して『自分の心を伝えられる作品に出会えた』

    2020年11月10日13:50
  • 茅島みずき、女優・モデルとして躍進の16歳「これからどんどん成長できたら」<TGCインタビュ->

    2021年3月13日12:00
  • 山田裕貴×秋田汐梨、学園サイコ・ラブコメ実写化への思い「変態なことはしてるけど、すごく楽しいシーンに」<インタビュー>

    2020年1月23日12:33