「半ケツ出しても笑い合える」鈴木おさむ・大島美幸夫妻が理想の夫婦に!

2009/11/13 21:16 配信

'09年の理想の夫婦に選ばれた鈴木おさむ・大島美幸夫妻

'09年の理想の夫婦に選ばれた鈴木おさむ・大島美幸夫妻

「『いい夫婦の日(11月22日)』をすすめる会」が、理想の夫婦・カップルを選出する「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2009」に鈴木おさむ・大島美幸夫妻が決定し、9日、都内で発表と表彰式が行われた。

同賞は、はがき、インターネット、携帯サイトを通じて募った一般投票16320件と、社会背景などを基に選出。大島は「まさかわたしたちのようなふざけた夫婦が賞を頂けるなんて思いもしませんでした。本当に光栄で、気合を入れて振り袖を着てきちゃいました。結婚以来、2度目の晴れ舞台です」と改まった。

構成作家として大活躍する鈴木は「舞台に上がったら落とし穴に落ちるんじゃないかと、ギリギリまで思ってました(笑)。結婚前に70キロ台だった体重は現在90キロ台になり、体重増加とともにきずなも深まったと思います。妻と出会えたことは奇跡。愛しています」と語った。

照れくさいほどストレートに愛を表現する鈴木は「夫婦円満のひけつは気持ちを隠さないこと。それとオナラをしても(大島が)半ケツ出して寝ていても、笑い合える関係を築くこと」と話す。そんな夫に、大島は「距離を縮めたいときは呼び方を変えるといい。わたしたちはむーたん、みーたんと呼び合ってます。交換日記ももう6冊目。直筆の文字の温かみがあって、メールより断然いいです」と語った。

また、同賞と併せて発表された「いい夫婦 川柳コンテスト2009」にちなみ、鈴木は「うちの妻 こっちは出せるよ 半ケツ(判決)を」と、同日に判決公判が開かれた元女優の酒井法子被告の時事ネタを盛り込んで一句詠み、集まった報道陣をうならせていた。