奥華子、新アルバムは「今の自分を全て詰め込んだものになっています」

2017/05/16 06:00 配信

音楽

シンガーソングライター・奥華子がインタビューに応じた

シンガーソングライター・奥華子がインタビューに応じた

昨年メジャーデビュー10周年の集大成ともいうべき全曲ツアーを成功させ、今年新たなスタートを切ったシンガーソングライター・奥華子が、5月17日(水)に9枚目のアルバム『遥か遠くに見えていた今日』をリリース。

“いま”の彼女にしか届けられない珠玉の14曲が収録された本作を、本人による解説で紹介しつつ、5月27日(土)に始まる弾き語り全国ツアーの意気込みを語ってもらった。

――今回のアルバムは完成してみてご自身としてはどのようなアルバムになったと思いますか?

そのときそのときに出来たものを入れていくという感じで、テーマというものをあえて置かずに、今の自分を全て詰め込んだものになっています。

アルバムのタイトルを決める段階で、今回のアルバムはどんな感じかなと考えたとき、一貫しているなと思ったのが、人っていつまでも生きていられるような感覚でいるから、後回しにしてしまったり、後悔したり、その繰り返しなんだろうなと。

でも、そうじゃなくて、人生には限りがあるからこそ、一瞬一瞬を大切に生きたいというメッセージがどの曲にも入っていると思います。最初から考えていたコンセプトというわけではないんですが、結果的にこのアルバムを象徴する内容になっています。

――なるほど。それではせっかくなので、1曲ずつご紹介いただけますか。まずは「Rainy day」をお願いします。

今回のアルバムでは、この曲だけインディーズ時代に作った曲で、少し昔の曲なんです。ライブではよく歌っていたんですけど、私にとってもすごく大切な曲ですし、ファンの方も“影の人気曲”だったので、なかなか簡単にはCDにできないなと。

でもやっと自分の納得いくものになったといいますか、バンドと一緒に録音したんですけど、すごくすてきなメンバーと作れて、納得のいく曲になりました。

――1曲目に入っているということは自信の表れということですか?

そうですね。とても納得のいく形になったので、1曲目に持ってきたのは自信の表れと言ってもいいかもしれません。一発目に勝負曲を持ってきた感じです。

――なるほど。では、「恋のはじまり」はどういう曲でしょうか?

これは曲と歌詞が一気にできました。すごく短い曲ですけど、アレンジも自分で完結させていて、「恋のはじまり」というタイトルもそうですが、全部で1つのメッセージになっています。耳心地がいいという意味でも気に入っている曲です。

――確かにすごく耳に残りますよね。3曲目の「愛という宝物」をお願いします。

これはラジオのオフィシャルGREENキャンペーンソングということもあって、「エコと愛」というのをテーマに曲作りをしました。エコや愛ってかなり大きなテーマなんですけど、実はとても身近で共通している部分があって、それをうまく融合できないかなと思い、この歌詞を書き始めました。

すごくハッピーな曲ですし、アレンジもかなり爽やかなギターサウンドになっていて、自分でアレンジもしたんですけど、奥華子にしては珍しい爽やかな曲ですね(笑)。

――それは意識的に爽やかな感じにしたのでしょうか?

そうですね。やっぱりキャンペーンのテーマもテーマですし、そのために作った曲なので暗い曲だとまずいだろうなと。ですから、なるべく明るく、その中に込めるべきメッセージは込めて、という感じです。

あのCMソングの制作秘話とは!? (2/3)

奥華子 9thアルバム『遥か遠くに見えていた今日』
5月17日(水)発売
【HP】http://www.okuhanako.com/

■奥華子SPコメント動画(YouTube)


関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース