閉じる

NHKから民放へ転職 自身の悩み・経験生かし制作「しょうもない僕らの恋愛論」山本晃久Pの思い

2023/03/09 05:00

ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」の製作秘話を山本晃久プロデューサーが解説!
ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」の製作秘話を山本晃久プロデューサーが解説!(c)原秀則/小学館/ytv

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」(夜11:59-0:54)。眞島秀和演じる優柔不断な40代独身デザイナー・筒見拓郎が、かつて愛した女性の娘・谷村くるみ(中田青渚)との出会いをきっかけに、止まっていた人生が動き始める様子を描く“等身大のヒューマンドラマ”だ。

このほど、本作を手掛ける山本晃久プロデューサーにインタビューを敢行。本作を制作する際に抱いていた思いや、大人世代がリアルに感じられる物語やせりふに込められた秘密、さらには終盤のドラマの見どころまで語ってもらった。


ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」とは

拓郎(眞島秀和)はくるみ(中田青渚)と出会い、胸に押し込めていた過去の後悔と向き合い始める
拓郎(眞島秀和)はくるみ(中田青渚)と出会い、胸に押し込めていた過去の後悔と向き合い始める(c)原秀則/小学館/ytv


主人公の拓郎は、小さなデザイン事務所に務めるデザイナー。最近はずっと担当していたクライアントの仕事から外れたり、後輩の面倒を見ることも多くなったりと、仕事面で漠然とした不安を抱えていた。

そんなある日、拓郎のもとに、学生時代に想いを寄せた女性・安奈からメッセージが届くところから物語が動き出す。戸惑いとともに再会の予感に期待が膨らむ拓郎だったが、そこに現れたのは安奈の娘・くるみだった。

一方、高校時代からの同級生・絵里(矢田亜希子)とは会えば話が弾む間柄。拓郎はまったく気づいていなかったが、絵里は25年間拓郎に片思いし続けていた。絵里とくるみ、二人の女性との交流を通じて、拓郎は過去にやり残した思いと向き合っていく。

さらに、くるみの幼なじみ・小椋悠(木全翔也)もくるみのことが好きな様子。彼らの関係がどうなっていくのか、また仕事や将来についてそれぞれがどのような選択をしていくのかを、穏やかなタッチで描いていく。


「主人公の境遇とか会社での立ち位置とか、人生にモヤモヤしている感じとすごくシンクロしたんです」

デザイナーとして仕事にまい進してきた拓郎だが、40代となり自分を取り巻く状況も変わってくる
デザイナーとして仕事にまい進してきた拓郎だが、40代となり自分を取り巻く状況も変わってくる(c)原秀則/小学館/ytv


――改めて「しょうもない僕らの恋愛論」をドラマ化されるにあたっての思いと、ここまでドラマを制作されてきて新たに感じたことをお聞かせください。

僕は2022年にNHKから読売テレビへ転職してきたのですが、この枠(プラチナイト木曜ドラマ)って、今までコメディータッチの作品やサスペンスの作品が多かったんです。自分がドラマ企画するにあたって、そっち方面で行くのか、それとも違うテイストのものをやるのかと考えた時に、若干毛色の違うものをやりたいと思っていて。

それでいろんな原作を当たっている時に出会ったのが、このドラマの原作漫画でした。僕は今45歳なんですけど、立場的に管理職の上司と現場で頑張っている部下の気持ちがわかる中間の世代にいることと、今までいた会社を辞めて転職してきたという自分の状況が、主人公の境遇とか会社での立ち位置とか、人生にモヤモヤしている感じとすごくシンクロしたんです。

あとは、「あの時ああしておけばよかった」みたいな、他人から見れば「いつまでそんなこと言ってるんだ」という思いを誰しも一つや二つは持っていると思うんです。「過去に戻れるとしたらいつにするか」みたいな。そういう思いって本来は後ろ向きなんですけど、それがきっかけで前に進めることもあるんだなと、この漫画を見て思いました。

そういう些細なことをちゃんと描くドラマを作りたいなと思ったのが、このドラマを企画したきっかけでした。僕と同じような世代の、特に男性は共感できるところがあるんじゃないかと思って企画したのが最初ですね。

くるみへの恋心がダダ漏れな悠(木全翔也)の思いに、SNSでは毎回共感する声が数多く寄せられる
くるみへの恋心がダダ漏れな悠(木全翔也)の思いに、SNSでは毎回共感する声が数多く寄せられる(c)原秀則/小学館/ytv

新たに感じたこととしては、ドラマって見てもらうためには展開だったり、事件や出来事だったりが必要だという思いも持っているんですが、意外とこういう何も起こらないような感じで物語が進んでいく作品もゆったり見られて良いなというか。

この時間帯(深夜0時台)ってドラマをゆったり見れますし、登場人物たちの日常に共感してくれる視聴者の方が結構いてくれたのがわかったので、そういった点でこの作品をやって良かったなと。こういうジャンルもあっていいんじゃないかという思いは、ドラマを作りながら感じています。


下に続きます
■しょうもない僕らの恋愛論
毎週木曜夜11:59ー0:54
日本テレビ系にて放送中
https://www.ytv.co.jp/renairon/


▼「しょうもない僕らの恋愛論」特集ページはこちら
「しょうもない僕らの恋愛論」ニュースまとめ


TVer「しょうもない僕らの恋愛論」

画像一覧
11

  • ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」の製作秘話を山本晃久プロデューサーが解説!
  • 【写真】持ち前の「若さ」で現場を盛り上げている中田青渚と木全翔也
  • 拓郎(眞島秀和)はくるみ(中田青渚)と出会い、胸に押し込めていた過去の後悔と向き合い始める
  • デザイナーとして仕事にまい進してきた拓郎だが、40代となり自分を取り巻く状況も変わってくる
  • くるみへの恋心がダダ漏れな悠(木全翔也)の思いに、SNSでは毎回共感する声が数多く寄せられる
  • 拓郎にとって絵里(矢田亜希子)は高校時代からの腐れ縁で気の置けない友人だが、絵里はある思いを抱えていた
  • 40代男女の空気感を実に自然体で演じている眞島秀和と矢田亜希子
  • かつての先輩が「やりたいこと」で結果を出している現状を目の当たりにし、拓郎は自分の仕事について考えだす
  • 社長の二郎(杉本哲太)からついに管理職への打診を受ける拓郎だったが…
  • 25年越しの思いを実らせ拓郎と付き合い始めた絵里だったが、いざ暮らし始めるとさまざまな思いがある様子
  • 独立か経営側か…拓郎が進む道は

関連番組

No Image

しょうもない僕らの恋愛論

出演者:眞島秀和 矢田亜希子 中田青渚 木全翔也 橋本じゅん 嶋田久作 杉本哲太 手塚理美 

関連人物

  • No Image

    眞島秀和

  • No Image

    矢田亜希子

  • 中田青渚

    中田青渚

  • No Image

    木全翔也

  • No Image

    嶋田久作

  • 好井まさお

    好井まさお

  • No Image

    黒田大輔

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

もっと見る