高杉真宙、サーフィンはしなくても「夏を感じる人になりたい」

2017/07/17 21:15 配信

映画

7月17日、注目の若手俳優・高杉真宙が映画「トリガール!」の完成披露試写会に、土屋太鳳、間宮祥太朗、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督と共に登壇した。

同作で、土屋演じる理系大学生のヒロイン・ゆきなに一目ぼれされるイケメン王子キャラの先輩・高橋圭を演じる高杉は「思ったよりすごく圧倒されている感じがします。ちょっと緊張しているんですけど、よろしくお願いします」と、緊張気味にあいさつ。

ゆきなや坂場(間宮)らが所属する人力飛行サークル「TBT」で総勢100人近くの部員をまとめる部長という役の大変さについて、司会者から質問が。

高杉は「そうなんですよね。実は僕、部長なんですよ~。でも、部長っぽいことを劇中であんまりやっていなくて(笑)。だからまとめているっていう感覚がなくて、何かエラそうにしている人物っていうだけなんです。その高橋圭は。むしろ、まとめていると言えば、古沢(矢本)さんなんですよ。ずっと(顎が)しゃくれてまとめていたので」と、控えめに振り返る。

本作は、矢本が「まともに、台本のせりふ一言も言ってないっすからね。ほんとに!」というほどアドリブが飛び交う“油断ならない”現場だったそう。しかし、高杉は「僕はそんなにアドリブが多い役ではないので…」と、真っ向からこれを否定。

すると、隣で聞いていた矢本は「いやいやいや、俺の好感度やばいぞ!」と突っかかり、観客は爆笑。それに対してもクールに「いえ、自分はそういう役柄だったので(笑)。矢本さんはそれはそれでキャラクターとして成り立っていたので」とフォローする。

しかし、矢本は「不真面目な俳優って思われちゃうよ。それに擁護されても、おまえだけ(好感度が)上がっていくぞ」と語り、再び会場は笑いに包まれた。

高杉が異常なハイテンションに? (2/2)

「トリガール!」
9月1日(金)にTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
(C)2017「トリガール!」製作委員会 配給:ショウゲート

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース