閉じる

亀梨和也「普段からサイコパスめいているのかもしれない(笑)」 役への向き合い方とスペインでのハプニングを語る<怪物の木こり>

2023/11/25 08:30

 映画「怪物の木こり」で主演を務める亀梨和也
映画「怪物の木こり」で主演を務める亀梨和也(C)2023「怪物の木こり」製作委員会

亀梨和也が主演を務める12月1日(金)公開の映画「怪物の木こり」は、サイコパスVS連続殺人鬼の行方を描き、鬼才・三池崇史が監督を務める超刺激的サスペンス。絵本「怪物の木こり」の怪物の仮面をかぶり、狂気の斧で脳を奪い去るという連続猟奇殺人事件の次の標的に選ばれたのは、弁護士の二宮彰(亀梨)。

 映画「怪物の木こり」より
映画「怪物の木こり」より(C)2023「怪物の木こり」製作委員会


しかし二宮は、犯人をも凌駕する狂気のサイコパスだった。犯人を追う警察、そして極限状態に陥った二宮の逆襲が描かれ、追う者と追われる者がどんどん入れ替わっていく先読み不可能なストーリーだ。今作でサイコパスを演じた亀梨を三池監督は「いくつもの顔を持つ亀梨さんは、クールで美しくサイコパスにぴったり」と大絶賛。本記事では、血の通わないクレイジーな二宮を魔性の魅力で挑んだ亀梨に、撮影の裏側を直撃インタビューした。

普段から「サイコパスめいているのかもしれない(笑)」


――目的のためなら手段を選ばない冷血非情なサイコパスの二宮彰を演じるにあたって、キャラクター作りで意識された点はありますか。

サイコパスをテーマにした作品は、世に溢れていますよね。だからこそ、今までのサイコパスのキャラクターにはないような新たな表現をしたいと思いました。クランクイン前にまずは三池監督と役の方向性を確認して。過度に強い表現をせず、「引き算のお芝居で行こう」と決めました。サイコパスとしての二宮の行動は、物語の中で派手なアクションがあるので、逆に目の動きや首の動かし方、顔の表情をとにかく繊細に演じるようにしました。物語が展開していくにつれ、最初と最後では二宮の目の動きや首の使い方も変わっていくように意識しています。

――三池監督からは、「亀梨さん自身の感性が赴くまま、自由に演じてほしい」というオーダーがあったそうですね。

そうですね。表情をどうするかは、僕に任せていただきました。衣装やヘアメイクを決めていく中で、キャラクタースーパーバイザーの方々から「ナルシスト性はしっかり出したい。亀梨くんの感じをフル活用してもらいたい」って言われたんですよ。僕は自分のことを別にナルシストだと思ってなくて。今の“亀梨の感じ”というよりは、若い頃に築き上げてきた雰囲気なんですけど、ナルシズムみたいなものは、意識しました。ちなみにメイキングを観るとカッコつけているわけじゃないのに、「キマってますね!」って言われていたので、出ているはずです(笑)。

――本作のサイコパス監修を務めた脳科学者の中野信子さん曰く、サイコパスになる人間は、自分をよく見せる術に長けていて、魅力的な人間に魅せる演出力があるそうです。三池監督も亀梨さんのことを「非情にクールで、美しく、普段からサイコパスに見える瞬間がある」とコメントされていましたが、ご自身ではサイコパス要素はあると思いますか?

どうでしょう。正直、戦略めいたことを考えたことはないです。「こんな風に思われたい」と考えて動いてはいないんですよね。その瞬間、その瞬間で、どうするのが適しているかを判断して動いているだけ。どれも偽りの自分ではないですし、計算してやっているわけではないです。例えば、朝から映画を撮って、お昼にバラエティ番組の収録をしてからグループのリハーサルに参加して、夜はスポーツ番組に出演する…という1日があったとして、その現場ごとに自然と切り替えできるのは、客観的に見たら、ちょっとサイコパスめいているのかもしれないですけどね(笑)。

 映画「怪物の木こり」より
映画「怪物の木こり」より(C)2023「怪物の木こり」製作委員会


自分の演じたキャラクターを“現実にいるんじゃないか”と思ってもらえるように

 映画「怪物の木こり」より
映画「怪物の木こり」より(C)2023「怪物の木こり」製作委員会


――いくつもの顔を持っていて、いろんな表現ができる亀梨さんの魅力が、今回の役柄にも自然と発揮されていました。2024年で「3年B組金八先生 第5シリーズ」(1999年)で俳優デビューを果たしてから、25年の月日が経ちます。経験を積まれて、演じることの楽しさや難しさをどんなところで感じていますか。

若い頃は、台本をいただいて台詞が1行でも多いとすごくうれしかったんです。最近は、台詞が多ければ多いほど覚えるのが大変だなと思いつつ(笑)。作品の中心となる、台詞が多い役をいただけることのやりがいを感じています。そして、やればやるほど、自分の癖が分かってきますし、演じられる役の幅も広がってきましたね。

初期は「ごくせん 第2シリーズ」(2005年)のように自分の特徴を上手く活用できる役が多かったのですが、この10年くらいは亀梨っぽくない役を演じることが多くて。「事故物件 恐い間取り」も「連続ドラマW正体」しかり。皆さんが抱いてくれる僕のイメージをどう崩すかということに挑んできました。自分にない要素の役を演じるのも面白いですが、今はまた初期に近いオファーが増えてきていて、久しぶりに僕という人間から溢れ出るものを使える心地良さを感じています。

――今作も楽しんで演じているのが伝わってきました。

僕にとっては、「亀梨くん全開だったね」も「亀梨くんっぽくなかった」も誉め言葉じゃないんです。僕がお芝居をする中で大切にしているのは、「本当にこの人が現実にいるんじゃないか」って思ってもらえるように演じること。

作品を観終わった後も、自分が演じたキャラクターがひょっとしたら、街を歩いているんじゃないかって思ってもらえたらいいな、と。妖怪やサイコパスみたいないそうにないものもね、もしかしたら本当にいるかもしれない、どこかに生きているのかもしれないと思ってもらえたらうれしいです。

下に続きます
怪物の木こり
12月1日(金)劇場公開
ワーナー・ブラザース映画
https://wwws.warnerbros.co.jp/kaibutsunokikorijp/
怪物の木こり (宝島社文庫)
怪物の木こり (宝島社文庫)
倉井眉介 (著)
宝島社
発売日: 2020/02/06
シネマスクエア vol.144 [亀梨和也『怪物の木こり』] (HINODE MOOK 707)
シネマスクエア vol.144 [亀梨和也『怪物の木こり』] (HINODE MOOK 707)
日之出出版 (編集)
マガジンハウス/日之出出版
発売日: 2023/11/01
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
7

  •  映画「怪物の木こり」で主演を務める亀梨和也
  •  【写真】亀梨和也“二宮”が菜々緒“戸城”に刃物を向け、迫る
  •  映画「怪物の木こり」より
  •  映画「怪物の木こり」より
  •  映画「怪物の木こり」より
  •  映画「怪物の木こり」より
  •  映画「怪物の木こり」より

関連番組

No Image

3年B組金八先生(第5シリーズ)

出演者:武田鉄矢 小西美帆 茅島成美 森田順平 長谷川哲夫 高畑淳子 山崎銀之丞 金田明夫 深江卓次 鈴木正幸 星野真里 佐野泰臣 堀内正美  ほか

事故物件 恐い間取り

事故物件 恐い間取り

No Image

正体

出演者:亀梨和也 黒木瞳 市原隼人 貫地谷しほり 堀田真由 濱田崇裕 音尾琢真 若村麻由美 高畑淳子 上川隆也 

No Image

クローズZERO

No Image

悪の教典

No Image

風に立つライオン

No Image

ごくせん(第2シリーズ)

出演者:仲間由紀恵 亀梨和也 赤西仁 生瀬勝久 東幹久 乙葉 酒井敏也 モト冬樹 マギー 池田有希子 井上順 宇津井健 金子賢  ほか

関連人物

  • No Image

    亀梨和也

  • No Image

    KAT-TUN

  • No Image

    三池崇史

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

もっと見る