ライセンス藤原、初小説出版「発売予定はありませんでした(笑)」

2017/09/15 06:00 配信

芸能一般

「ワケあり!レッドゾーン」(読売テレビ系)等のバラエティ番組で活躍する藤原一裕(ライセンス)が初めて執筆した小説「遺産ゲーム」が本日・9/15に発売となる。チンピラや大阪のオバハン、遺産の相続権で争う家族などバラエティに富んだキャラクターたちが紡ぐ、コメディタッチで少しミステリアスな短編6本と、その6本が意外な形でつながる最終話。長年コントや漫才を作り続けてきた藤原が、初めての「小説を書く」という作業で感じたこととは?

――こんな才能を隠していたなんて、びっくりですよ!

いや、別に隠していたわけじゃないんですけど(笑)。

――小説を書こうと思った動機は?

ずっと続けてきたライセンスのライブ「ENJOY!!」が終わり、お客さんの前で一回しか見せていないコントの設定が100本近くあって、「なんてもったいないんや」と思ったことです。他の形式で何かできないかなと、小説としてスマホで書き始めました。最終的には、何かの形になればいいなと。

――ということは、発売予定のないまま書いていた…?

はい、全くありませんでした。ある程度の本数ができたときに、雑誌「ダ・ヴィンチ」の編集さんの名刺をいただいていたことを思い出したんです。そこにメールアドレスがあって、「辞めていたり部署を異動していたら終わりやな」と思いつつ、「読んでもらえませんか」とメールでお願いしたら、「ぜひ」と言っていただけて。名刺を捨てていたら、終わっていました(笑)。

スマホ以外で書く手段がなかったんですよ (2/2)

<プロフィール>
藤原一裕(ふじわら・かずひろ)●1977年9月20日奈良県生まれ。1996年、高校の同級生だった井本貴史とお笑いコンビLICENSE(ライセンス)を結成。ボケ担当。第29回NHK上方漫才コンテスト優秀賞受賞。その後、舞台テレビなどで活躍中。本書が初小説となる。

<書籍データ>
●書名:遺産ゲーム●著者:藤原一裕●定価:1350円(税別)●発行・発売:(株)KADOKAWA

藤原一裕の「サイン入りポラ」を3名様にプレゼント!
ザテレビジョン内のプレゼントページhttps://thetv.jp/present/limited/よりご応募ください。
9月21日木曜日締め切りです。
※パスワードは「isangame」半角英字で入力してください。