夏帆、自分の“痛い”ところは「極度の恥ずかしがり屋なんです」【映画「伊藤くん A to E」連載】

2018/01/05 12:00 配信

映画

人の恋愛をのぞき見しているような感覚のドラマが話題になった「伊藤くん A to E」が、岡田将生&木村文乃W主演で映画化! 

超モンスター級“痛男”の伊藤誠二郎(岡田将生)と、彼に翻弄(ほんろう)される4人の女性たち、そして彼女たちの恋愛相談を脚本のネタに使おうとしている崖っぷち“毒女”・矢崎莉桜(木村文乃)の姿を通し、女性たちの本音を赤裸々に描いた映画「伊藤くん A to E」。

1月12日(金)の公開を記念したリレー連載第5回は夏帆が登場する。伊藤に振り回される女性として、いろいろなタイプのキャラクターが登場するが、夏帆が演じるのはヘビー級処女で【D】の神保実希だ。

ドラマと映画で並行して撮影してきたという本作の撮影エピソードや、自身の“A”(愛らしい部分)と“E”(イタい部分)を交えながら、見どころを語ってもらった。

――いよいよ公開を迎えますが、心境はいかがですか?

撮影していたのがつい最近の出来事だと思っていたんですが、映画が完成して、お客さんに見ていただくことになって、あっという間だなあと感じています。

ドラマと並行して映画を撮るという形で、しかも内容がほとんど同じ時系列での話なんです。映画版はドラマで田中圭さんや、山田裕貴さん、中村倫也さんの3人が演じていた妄想上の“伊藤くん”を、岡田さんご本人が演じるのですが、私の回はドラマも岡田さんが伊藤くんを演じていたんです。

同じ場所で映画とドラマを、ほぼ同時期に撮っていたので、すごく不思議な感覚でした。

――映画とドラマでの違いはなかったのですか?

シチュエーションや役者は変わらないのですが、監督が違うとこんなにも描き方が変わるのだと思いました。もちろん、ドラマを映画の違いを出すためにあえてそう演出しているところもあると思うのですが、監督によってそのシーンの捉え方が全く違うので、撮影していてとても面白かったです。

――映画版のメガホンを取られた廣木隆一監督の演出についてはいかがでしたか?

すごくシャイで、言葉数が多い方ではないのですが、カメラが回っているときも、そうじゃないときも、じーっと観察されているんですよ(笑)。どういう人間なのか、じっと見極めていて、その人の持つ個性がそれぞれの役に反映されていたと思います。

「小手先で芝居をするな」じゃないですが、必要のないお芝居をしてしまったら「それは要らない」とバッサリ指摘されましたし、廣木さんにはうそが通用しない。

お芝居は「うそ」(フィクション)ではあるんですけど、その中でもうそのないように、と言いますか、ちゃんとその役として存在していればいい。基本的なことですが、相手のせりふをきちんと聞いて感じる、ということをおざなりにならないように意識しました。

友人に独占欲を感じることもある!? (2/3)

映画「伊藤くん A to E」
2018年1月12日(金)公開
出演=岡田将生、木村文乃/佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆/田口トモロヲ・中村倫也、田中圭

かほ=1991年6月30日生まれ、東京都出身。2018年5月に全国公開される映画「友罪」に出演予定

【スタッフクレジット】
スタイリスト:森上摂子(白山事務所)/ヘアメーク:根本亜沙美

◆映画「伊藤くん A to E」出演者リレーインタビューはコチラ↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース