“女優”北原里英、主演作で罵声!「途中から楽しく気持ち良くなっていました」

2018/02/18 17:14 配信

映画

「サニー/32」の白石和彌監督、ピエール瀧、北原里英、リリー・フランキー、門脇麦(写真左から)

「サニー/32」の白石和彌監督、ピエール瀧、北原里英、リリー・フランキー、門脇麦(写真左から)

NGT48・北原里英が拉致・監禁されることから始まる、衝撃のジェットコースタームービー「サニー/32」が2月17日に全国公開。初日舞台あいさつに北原、ピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦、白石和彌監督が登壇し、本作の撮影エピソードなどを語った。

上映終了後、興奮冷めやらぬ場内に登場した北原らキャスト&白石監督。24歳の誕生日に突然拉致され、事件に巻き込まれていく主人公・藤井赤理を演じた北原は「この話が生まれてから3年半かかった分だけ愛情がある作品。ようやく初日を迎えてうれしい反面、寂しい気持ち」と、全国公開初日の素直な気持ちを語った。

それを受け、白石監督も「大切な作品であり、渾身(こんしん)の一本!」と本作へのあふれる気持ちを口にした。

一方、その赤理(北原)を誘拐し「史上最もかわいい殺人犯」とネットで神格化された“サニー”の熱狂的信者・柏原を演じたピエール瀧は「(鑑賞後の観客の)皆さんの頭に“?”が付いているのが心地いい」と誇らしげに語る。

また、二人目のサニーとして登場し、物語を急展開させるキャラクターを演じた門脇は「撮影は短い日数だったのですが濃い時間を過ごせた」と述懐。

そして、柏原と共に赤理を誘拐する小田を演じたリリー・フランキーは、劇中にて柏原(瀧)が赤理の顔を舐めたり殴ったりするシーンがあり、そのシーンに際して瀧から「どっちがファンに嫌われますかね?」と相談を受けたことを明かす。

それに対し、リリーは「どっちもじゃない!?」と答えたエピソードを披露し、笑わせた。

撮影現場では乳首がたっていた? (2/2)

映画「サニー/32」
全国公開中
公式サイトはコチラ

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース