「家政夫のミタゾノ」主題歌を歌う謎の新人歌手・島茂子が女優デビュー「いい親孝行になりました」

2018/05/10 10:00 配信

ドラマ

「家政夫のミタゾノ」にゲスト出演する島茂子(写真右)と松岡昌宏演じる三田園薫の共演シーン

「家政夫のミタゾノ」にゲスト出演する島茂子(写真右)と松岡昌宏演じる三田園薫の共演シーン

テレビ朝日系で放送中の松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか)に、主題歌を歌う謎の新人歌手・島茂子の出演が決定。5月11日(金)に放送される第4話に登場する茂子と女装した家政夫・三田園薫(松岡)のシーンカットが公開された。

同ドラマは、松岡扮する女装した家政夫・三田園薫が派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。

謎の新人歌手・島茂子は、2017年8月にTOKIOの53枚目のシングル『クモ』のカップリング曲として収録された『女の花道』で注目を集め、「家政夫のミタゾノ」の主題歌『戯言』で5月16日(水)にデビューを果たす。TOKIO・城島茂にそっくりだと巷で噂される茂子(?)が歌う『戯言』は、昭和の香りも漂うキャッチーな歌謡ロックとなっており、切ない女心を表現した歌詞と茂子の情感溢れる歌声が「家政夫のミタゾノ」の世界にもぴったりとマッチしている。ドラマの内容も相まって、視聴者の胸に響く一曲となっている。

三田園と“ちょっとしたご縁”があるという、デビューを間近に控えた茂子は、その“ご縁”をフル活用して、新人歌手ながら女優業にも進出。共演したシーンは、ドレスに身を包んで某所で熱唱する茂子をバックに、颯爽と三田園が登場する一幕。果たして、三田園と茂子の間に絡みはあるのか? 旧知の仲でもある三田園と茂子の貴重なツーショットは、要チェックだ。

ドラマ出演を果たした茂子は、「まさか歌手デビューだけでなく女優デビューまでできるとは、とドキドキしております。もちろん歌を一番に、と考えておりますが、今回のドラマ出演はいい親孝行になりました」と撮影を振り返り、三田園役の松岡も「松岡昌宏として島茂子に会うのは2回目なのですが、まぁ今回ご出演いただけたのはよかったんじゃないかな(笑)。女性だから“華”があるといっても、彼女は“造花”(造り物)ですからね!(笑)」と松岡ならではのコメントを寄せた。

また、主題歌について茂子は、「『戯言』がドラマのエンディングで流れているのを聴くのは、なんだかくすぐったい感じですね。なかなか慣れないですが、うれしいものです」と喜び、「私の周りにもドラマのファンが多く、そういった方々から『あの曲は誰が歌っているんだろう』という声がありました。『茂子さんが歌ってるのねー』と驚かれた覚えがあります」と大きな反響を実感しているよう。さらに、松岡も「『戯言』は、女性の気持ちを歌う、古き良き歌謡曲という感じで、ドラマにもぴったり。すごくいいと思います!」と大絶賛している。

超人気洗顔ソープを販売するカリスマ・美子の屋敷で遺産相続騒動に巻き込まれる!? (2/2)

金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域で放送時間が異なる

◆4月スタートの連続ドラマまとめはコチラ↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース