“朝ドラ”ヒロイン・広瀬すず、「特別づくし」のバースデーに感激!

2018/06/19 13:54 配信

ドラマ

2019年4月1日より始まる、広瀬すず主演の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)。6月8日にクランクインを迎えてから10日あまりが経った6月19日、ドラマの舞台である北海道・十勝にて取材会が行われた。

本作のヒロインは、戦争で両親を失ったことで東京から北海道・十勝へと移り住むことになった少女・奥原なつ(広瀬)。なつは持ち前の明るさを発揮し、高校卒業後に上京。草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込むことになる。

クランクイン後初となる取材会には、なつの養母役の松嶋菜々子、なつの養父役・藤木直人の他、音尾琢真、吉沢亮、山田裕貴、草刈正雄も出席。豪華な面々が一堂に会し、晴れやかな顔を見せた。

まずは座長・広瀬が「(十勝という)こんなにも広い世界で、自然に囲まれながら撮影できるのはなかなか無い経験なので、のびのびとなつを演じさせてもらえたらと思います」とあいさつ。松嶋も「大地のにおいと大きさをかみしめています」と続けた。

晴れた日には日高山脈を臨めるという絶好のロケーションだが、撮影期間はあいにくの曇天が多いそう。藤木は苦笑まじりに「北海道には梅雨が無いと聞いていたんですけども、毎日このような天気が続いていて…」と話したが、それでも「大自然の中で、素晴らしい映像が撮れていると思います」を自信を見せる。

そして、この日は広瀬の20歳の誕生日。サプライズで巨大な「なつぞら」特製ケーキが運ばれてくると、広瀬は驚きと感激の表情に。

「ありがとうございます! 20歳最初の作品が『なつぞら』で、本当に幸せに思います。新しいスタートだと思うので、負けないで、皆さんの力を借りながら頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください!」とコメントした。

20歳という記念すべき瞬間を、“朝ドラ”第100作のヒロインとして迎えた広瀬。「特別づくし」の取材会となった。

連続テレビ小説「なつぞら」
2019年4月1日(月)スタート(全156回予定)
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース