欅坂46長濱ねる“オーディション時の心境”告白「泣ける…」の声続出

2018/06/28 17:00 配信

音楽

6月23日に公開された「坂道合同新規メンバー募集オーディション」CM第ニ弾の長濱ねるバージョンが反響を呼んでいる。

「坂道合同―」は2018年夏に開催される乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の3グループ合同オーディション。

「この夏で、あなたの人生が変わります。」というキャッチコピーで行われている。

今回公開された募集CMは5バージョン。長濱ねる(欅坂46)編、菅井友香(欅坂46)編、小坂菜緒編(けやき坂46)編、齋藤飛鳥(乃木坂46)編、個別まとめ編の5バージョンとなっている。

個人別のCMでは各自が「オーディションを受けた時の心境」「活動を通じて今思うこと」などを自分の言葉で話している。

このCMで長濱は、自身のオーディション時の風景やコンサートの様子などをバックに、

「地元長崎は大好きだけど何か窮屈に感じていた。大学に行って就職して、長崎で暮らしていく未来に」

「そんな自分を変えたくて初めて親に逆らって参加したオーディション。そこで待ち受けていた世界は………心が震える瞬間をアナタと共感したい」

とコメント。バックで流れている場面の中には、長濱が涙を流している様子も。

長濱は長崎県出身で、グループ所属決定時は17歳。デビューまでに様々な事があったメンバーだ。

グループデビュー前17歳の長濱ねる!! (2/2)

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース