北大路欣也が歓喜! 主演時代劇が「オリジナル番組アワード」大賞を受賞

2018/07/12 22:18 配信

芸能一般

「第8回衛星放送協会オリジナル番組アワード」の授賞式が7月12日に都内で開催され、オリジナル番組賞7部門とオリジナル編成企画賞の表彰が行われた。

同アワードは、専門チャンネルならではの強みを生かしたオリジナル番組の制作促進と、その優れた番組をより多くの人に知ってもらうことを目的に、2011年に創設。作品のオリジナリティを中心に審査員が判断し、有料・多チャンネル放送の信用と権威を高めた番組を表彰する賞だ。

オリジナル番組賞7部門の最優秀賞の中から選ばれる大賞には、ドラマ番組部門から「三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会」(時代劇専門チャンネル)が輝いた。

授賞式には、同作主演の北大路欣也が登場。トロフィーを受け取った北大路は「各部門で受賞された皆さまと共に、この受賞を分かち合いたい。皆さま本当におめでとうございます。今、私はこの作品に出合えた喜びを体一杯に感じています。そして、私事ですが、13歳で東映よりデビューして62年目となりますが、偉大な先人たちが作りあげられた宝の山であるこの撮影所で仕事ができることは本当に幸せです。共演者の皆さまも、若い頃から切磋琢磨した関係で、ドラマ、現実という枠を超えた仲間。企画の始まりは10年前、それから多くの強い声援に支えられて本日を迎えられました。本当にありがとうございます」と喜びの心境を告白。

同アワードで審査員を務めた石井彰氏は同作品について「いつもドラマ部門は大変もめるんです。でも、今回は全くもめませんでした。それは、原作の藤沢周平作品の持つ重厚さ、脚本のすばらしさ、演出・撮影・美術のクオリティの高さ、そして俳優たちのすばらしさによるもの。衛星放送でなければできない重厚長大かつ心に響くテレビドラマを作っていただいたことに、時代劇ファンとして深く感謝を申し述べたいと思います」と絶賛した。

会場の笑いをとったスージー鈴木 (2/2)

一般社団法人衛星放送協会 http://www.eiseihoso.org/

関連ニュース

画像で見るニュース