岩井俊二監督最新作に松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治ら強力布陣!!

2018/08/04 07:41 配信

松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治らが出演する映画「Last Letter」は、2019年公開予定

松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治らが出演する映画「Last Letter」は、2019年公開予定

手紙の行き違いから始まる珠玉のラブストーリー

夫と子供二人の四人暮らしの裕里(松)は、姉・遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・鮎美₍広瀬)と久しぶりに再会。鮎美は、母の死がいまだに受け入れられず、母親から残された“一通の手紙”を開ける事が出来ないままでいた。

ある日、裕里は、未咲宛に届いていた同窓会の知らせを見つけたことをきっかけに、未咲の死を伝えるために同窓会に参加することに。

しかし、そこで学校のヒロインだった未咲と間違われ壇上でスピーチをする羽目になった裕里は、真実を伝えられずにその場を乗り切ってしまう。

そのことがきっかけで、自身の初恋の相手であり、小説家として暮らす乙坂鏡史郎(福山)と再会。鏡史郎もまた、裕里を未咲と誤解したままで、連絡先を交換することとなった。

“君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?”という鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取った裕里は、複雑な心境を抱きながらも、初恋の人との交流に胸を躍らせ、鏡史郎へ手紙を送る。

だが、夫にやりとりが知られぬよう、手紙には自分の住所、返信先を載せないでいた。

一方、返信先のない手紙を受け取った鏡史郎は、昔の卒業アルバムを引っ張り出し、未咲の実家に返信を送ることに。

しかし、その宛先に住んでいるのは未咲の娘の鮎美であった。亡き母宛に立て続けに送られてくる手紙には、学生時代の鏡史郎(神木)と未咲₍広瀬)の淡い思い出話が綴られており、葬儀以降気持ちの沈んでいた鮎美は、自分の知らない母に触れられる鏡史郎からの手紙に返信を書き、文通を心待ちにするようになっていく…。

映画「Last Letter」
2019年全国東宝系にて公開予定

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!


関連人物