山田孝之&菅田将暉「dele」パターン化しない!企画のウラガワ『多様さを味わってほしい』

2018/08/17 12:00 配信

ドラマ

山田孝之菅田将暉演じるバディが“デジタル遺品”を整理していくドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか※8月17日[金]は夜11:45-0:45ほか、テレビ朝日系)。作品づくりのウラガワを山田兼司プロデューサーらに聞く集中連載の第3回は、いい意味で作風を固定せず視聴者を飽きさせない「dele」ならではの“企画のウラガワ”を聞いた。

「dele」第3話では、圭司の留守中に祐太郎がクライアントから依頼を引き受けてしまう

「dele」第3話では、圭司の留守中に祐太郎がクライアントから依頼を引き受けてしまう

(C)テレビ朝日

dele」は、プログラマー・坂上圭司(山田)と“何でも屋”・真柴祐太郎(菅田)が、スマホやPCのデータなどクライアントのデジタル遺品を整理する中で巻き起こる人間ドラマ。原作・脚本をベストセラー作家・本多孝好氏が担当し、各話ごとに金城一紀氏、渡辺雄介氏など、多くの話題作を手掛けてきた脚本家が名を連ねる、という興味深い座組みになっている。

8月10日放送された第3話では、映画「追憶」(2017年)や「あなたへ」(2011年)の脚本家・青島武氏が脚本、「グラスホッパー」(2015年)の映画監督・瀧本智行氏がメガホンを取り、メーンゲストに女優の余貴美子と文学者の高橋源一郎氏が顔をそろえた。圭司の留守中に祐太郎がクライアントから依頼を引き受けてしまう。それも、死後のデータ消去だけではなく、データをコピーしてバラの花束と一緒にある女性に届けるという“オプション”つきで――。

圭司の仕事を祐太郎が手伝うという「dele.LIFE」の日常から一歩踏み込んだ形で走り出した第3話。昭和ノスタルジー漂うムードもあいまって、視聴者からはSNSなどで「1、2話とは少し違う展開」「1本の映画を見ているみたい」といった声が上がった。

ドラマ「dele」誕生秘話 (2/4)

金曜ナイトドラマ「dele」
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送

◆山田孝之&菅田将暉W主演で話題のドラマ「dele」のウラガワを紹介中!◆


◆7月スタートの連続ドラマまとめはコチラ◆

関連番組

関連人物