山崎賢人「俳優という仕事をやっていて本当に良かった」感無量のクランクアップ!

2018/09/12 07:00 配信

ドラマ

9月13日(木)に最終回が放送されるドラマ「グッド・ドクター」(夜10:00-11:09、フジテレビ系)で、主人公の青年レジデント(後期研修医)・新堂湊役で出演中の山崎賢人がクランクアップを迎えた。

本作は、山崎主演のメディカルヒューマンドラマ。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に難を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・湊が、小児外科を舞台に子どもたちと共に成長する姿を描く。

初回放送以降、視聴率は好調を維持し、8月9日放送の第5話では総合視聴率20.2%、8月23日放送の第7話では21.5%をそれぞれ記録(視聴率はいずれも関東地区 ビデオリサーチ社調べ)。ネット上では「涙腺が崩壊した」との声が多く上がった。

難役への挑戦で新境地を見せた山崎は、クランクイン前に「大きなプレッシャーを感じていますが、医師全体の0.3%しかいない小児外科医が、ドラマを通して少しでも多くの方に注目されるように」と語り、実際に都内の病院を訪れて小児外科を見学。

撮影が始まってからも、医療監修の先生たちから助言を仰ぐなど、入念な役作りによって新堂湊という役と真摯(しんし)に向き合ってきた。

山崎の最後の撮影は、東郷記念病院・廊下のシーン。最後のカットを撮り終え、「山崎賢人さん、オールアップです!」と声が上がると、スタッフからは盛大な拍手が。山崎は演出・金井紘から花束を受け取り、感無量の笑顔でスタッフらとグータッチをした。

山崎賢人「皆さんに甘えてしまう部分もたくさんあったのですが…」 (2/2)

「グッド・ドクター」
毎週木曜夜10:00-10:54
フジテレビ系で放送

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース