吉沢亮 理想のデートプランに「チュータイミングは3か所くらいあるはず」

2018/09/14 15:00 配信

映画

俳優の吉沢亮が13日、都内で開催された映画「あのコの、トリコ。」(10月5日・金公開)の最速試写会に登壇。「チュータイミングは3か所くらい」という理想のデートプランを明かした。

累計発行部数100万部を超える白石ユキの人気コミックを実写映画化した本作。地味で冴えないメガネ男子・頼(吉沢)が、大好きな“あのコ”雫(新木優子)のためにかっこよく変わっていくさまと、頼、雫、そして昴(杉野遥亮)の幼なじみ3人が恋と夢を追い掛ける姿を描く。

若手俳優の中でも屈指の美貌を誇る吉沢が、“さえない地味男子”として新境地を切り開くことでも話題。吉沢は演じた頼について「めちゃかっこいいですよ」と分析。「普段は内気で、何事にも積極的になれない自分にモヤモヤしている男の子なんですけど、“雫のため”となった瞬間に自分の殻を破って、なんでもやれる頼に変わっていく。ヒーローですよね」と惚れ惚れとした思いを語る。

“さえない地味男子”の役作りとしては「リュックの持ち方に気をつけたり、艶の出ない(ヘア)ワックスを使ったり。表面的には、彼の鈍臭い感じが出たらいいなと思った」というが、吉沢自身もプライベートでは「全然モテない」そう。意外な告白に会場からクスクス笑いが起きる中、「キラキラしている役のほうが難しい。僕の中にキラキラ要素がない」とポツリ。「プライベートも地味な男なんで。家ではずっと漫画を読みながら、酒を飲んでいる」とインドア派の素顔を披露していた。

また、思い出深い撮影シーンは「江ノ島でのデートシーン」と答えた吉沢。理想のデートプランを聞かれると「江ノ島、いいんじゃないですか。夜の海とか」と切り出し、「夜の江ノ島、海があって。ドライブしながら行って、2人でキャッキャ、キャッキャと花火をする。30分くらい、海を見て帰る」と妄想。司会から「それで帰っちゃうんですか?チュータイミングは?」と突っ込まれると、吉沢は「チュータイミングはどこかしら。3か所くらいあるんでしょうね」と笑いながら、「ゆったりとした2人だけの空間で、のんびりと過ごしたい」と希望していた。

「あのコの、トリコ。」は10月5日(金)より公開。

「あのコの、トリコ。」
10月5日(金)より全国ロードショー
出演=吉沢亮、新木優子、杉野遥亮、岸谷五朗、内田理央、高島礼子、古坂大魔王、水上剣星、大幡しえり
原作=白石ユキ
脚本=浅野妙子
監督=宮脇亮
▼公式サイト
http://toriko-movie.jp

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース