岡田将生&大政絢のラブシーンが「美しすぎる」「絵になる!」と話題<昭和元禄落語心中>

2018/10/30 05:00 配信

ドラマ

【写真を見る】美しすぎるラブシーンで“魅せた”菊比古(岡田将生)とみよ吉(大政絢)!

【写真を見る】美しすぎるラブシーンで“魅せた”菊比古(岡田将生)とみよ吉(大政絢)!

(C)NHK

岡田将生主演のドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合)第3回「迷路」が10月26日に放送された。菊比古(のちの八代目有楽亭八)に芸者・みよ吉(大政絢)がしなだれかかる妖艶シーンに「美しすぎる!」の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

菊比古のキスにみよ吉「上手になったのね」

「昭和元禄落語心中」は、雲田はるこの同名漫画を原作としたヒューマンミステリー。昭和の落語界を舞台に、主人公の八代目有楽亭八雲(岡田)を始め、芸の世界に身を投じた人々の生きざまを描く。

第3回の舞台は、昭和25年の東京。二ツ目に昇進し、師匠の家を出た菊比古、そして“助六”と名を改めた初太郎(山崎育三郎)2人の日々が描かれた。

真面目な菊比古は銀座の洋食屋で働いて生活費を稼ぎながら落語を続け、助六は菊比古の家に居候し、食べ物をねだっては落語ざんまい。結果、助六はめきめきと腕を上げ、どんどん開いていく2人の差に菊比古は鬱々としていた。

そんな日々の中でみよ吉と知り合った菊比古。色気にあふれ「すごく好き。あんたの落語」と耳元でささやくみよ吉に菊比古は惹かれ、2人は徐々に距離を縮めていった。

【写真を見る】みよ吉(大政絢)に迫られる菊比古(岡田将生)。ウブな表情にキュン…

【写真を見る】みよ吉(大政絢)に迫られる菊比古(岡田将生)。ウブな表情にキュン…

(C)NHK

2人きりで会った夜、しなだれかかってきたみよ吉に菊比古は押し倒されてしまう。ウブな菊比古に、みよ吉は「やだ、こういうときはちゃんと受け止めるの」とやんわりと男女のいろはを教えていく。

やがて“水が低い方に流れるように”男女の仲になっていった2人。初めはおずおずとした様子だった菊比古だが、みよ吉の手ほどきのおかげで2人は色っぽい口づけを交わす仲に…。

みよ吉が菊比古に抱きついて「また会ってね。きっとよ」と懇願したり、菊比古のキスを「だいぶ上手になったのね」とほめたりと、艶っぽいセリフを口にするのもたまらない。

菊比古とみよ吉が見せた色っぽいシーンの数々がファンを刺激!SNSでは、「キスする菊比古の横顔の美しさったら!」「みよ吉の色気やばすぎる。魔性の女…」「菊比古とみよ吉のキスシーン綺麗すぎる」「菊比古にしなだれかかるみよ吉が美しすぎて。絵になること!」といった声が上がった。

岡田将生が落語シーンで表現した“成長”とは? (2/2)

「昭和元禄落語心中」
毎週金曜夜10:00-10:45
NHK総合にて放送
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース