「M-1グランプリ2018」“平成最後の王者”を決める審査員7人が決定

2018/11/24 05:00 配信

「M-1グランプリ2018」は12月2日(日)に開催

「M-1グランプリ2018」は12月2日(日)に開催

12月2日(日)に開催される、漫才頂上決戦「M-1グランプリ2018」(夜6:34-10:00 テレビ朝日系で放送)決勝戦の審査員が発表された。

開催が迫る「M-1グランプリ2018」決勝戦。総エントリー4,640組の頂点と”平成最後の王者”を目指して繰り広げられる10組の激戦を、冷静かつ中立な視点でジャッジする審査員が決定した。

その顔ぶれは、2016年、2017年の「M-1グランプリ」でも審査員を務めたオール巨人上沼恵美子中川家・礼二松本人志の4名に、落語家の立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之が加わった7名。

落語だけでなくさまざまなジャンルで活躍する立川志らくは初めての審査員担当。落語家ではこれまでに立川談志(2002年)、春風亭小朝(2001年、2004年、2017年)が審査員を務めている。

「M-1グランプリ2007」の王者、サンドウィッチマン・富澤たけしは、 「M-1グランプリ2015」でも審査員を務めた。その2015年は優勝経験者が審査員に起用され、他に、中川家・礼二、ますだおかだ・増田英彦、フットボールアワー・岩尾望、ブラックマヨネーズ・吉田敬、チュートリアル・徳井義実、NON STYLE・石田明、笑い飯・哲夫という顔ぶれだった。

塙宣之のナイツは「M-1グランプリ2008」から3回連続で決勝進出。優勝経験はないが、今では漫才協会の副会長を務め、人気と実力は当代随一だ。

「M-1グランプリ2018」決勝進出者の顔ぶれ (2/2)

「M-1グランプリ2018」<決勝戦>
2018年12月2日(日)夜6:34-10:00
テレビ朝日系で生放送
司会:今田耕司、上戸彩
審査員:オール巨人、上沼恵美子、サンドウィッチマン・富澤たけし、立川志らく、ナイツ・塙宣之、中川家・礼二、松本人志 (50音順)
敗者復活戦リポーター:陣内智則
決勝進出者:霜降り明星、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、和牛、ギャロップ、見取り図、かまいたち、ゆにばーす、ジャルジャル + 敗者復活1組の計10組 (エントリー順)

「M-1グランプリ2018 敗者復活戦 ~決めるのはアナタの1票!!~」
2018年12月2日(日)昼2:30-4:25
テレビ朝日系で生放送
司会:陣内智則
アシスタント:ホラン千秋
出演:トレンディエンジェル、あき竹城、羽田圭介、池田美優
出場者:からし蓮根、ニッポンの社長、マユリカ、ダンビラムーチョ、マヂカルラブリー、プラス・マイナス、侍スライス、アキナ、ミキ、たくろう、ウエストランド、インディアンス、三四郎、金属バット、さらば青春の光、東京ホテイソン 計16組 (エントリー順)

「M-1グランプリ2018」公式HP  https://www.m-1gp.com/ 
公式アカウント
■公式ツイッター「M-1グランプリ」@M1GRANDPRIX (https://twitter.com/m1grandprix)
■公式フェイスブック「M-1グランプリ」(http://www.facebook.com/m1grandprix)
■公式LINE「M-1グランプリ」(@m1grandprix)
■公式インスタグラム@m_1grand_prix(https://www.instagram.com/m_1grand_prix/)
■公式YouTube番組公式アカウント「M-1グランプリ」(@M-1グランプリ)

関連番組

関連人物