“異次元俳優”小野健斗「みんなが主演に見える舞台を作りたい!」

2019/01/14 09:00 配信

芸能一般

オムイズムvol.2「園園〜そのその〜」で主演を務める小野健斗にインタビュー

オムイズムvol.2「園園〜そのその〜」で主演を務める小野健斗にインタビュー

撮影=後藤利江

187cmという高身長と二次元的とも言われるプロポーションを生かし、舞台やテレビを中心に活躍する俳優・小野健斗

舞台版「おそ松さん」シリーズでは、“びっくりするほどルックスの良い”6つ子「F6」のチョロ松を好演し、舞台発のLIVEツアーも行った。

そんな小野は、1月23日(水)より東京・北沢タウンホールにて上演される、オムイズムvol.2「園園〜そのその〜」で主演を務める。

20代最後の年の初めに、主演舞台に懸ける思いとは。「初めて話した」と言う、悩み相談の相手“謎のおじさん”の存在も明かしてくれた。

目標を達成できた2018年

――2018年は、3月にスペシャルイベント、8月に東京や千葉、沖縄、大阪をまわるLIVEツアー、そして大みそかにも年越しイベントと、「おそ松さん」に関連するイベントが多かったように思います。

そうですね。特に、F6 1st LIVEツアー「Satisfaction」ができたことは、2018年の大きな出来事でした。僕たちの目標の一つだったので、かなえられてうれしかったですね。

――「おそ松さん」でF6のチョロ松を演じられて、その間にもたくさんの作品をこなされていました。切り替えは難しくないのでしょうか?

僕はONとOFFがハッキリしているんです。ステージから離れたら、結構早く素に戻れます(笑)。キャラクターがはっきりしてる役を演じているからかもしれませんが…。

気付けば30歳を迎える年に

――年末まで大忙しだったと思いますが、お正月はゆっくりできたのでしょうか? 20代最後のお正月だったかと思いますが…。

本当だ! 「平成最後」にとらわれて、「20代最後」だってことに気付かなかったです! 次は30歳で年を越すんですね…。

高校生の時からこの仕事をしているのですが、30代なんて、想像すらできなかったですからね…。もっと真面目にやっていればよかった(笑)。

お正月は実家に帰って、ゆっくりできました。姉と甥っ子を、車で送り迎えしてあげたり…。

姉とは7つ年が離れているので、小さい頃よくかわいがってもらっていたらしいんです。覚えていないですけど(笑)。大人になってからは、街で買い物をしているとカップルと間違われるくらい、仲の良い姉弟ですね。

――今年の抱負はありますか?

以前、共演した富田翔さんがめちゃめちゃ達筆で、感動したことがあるんです。父と姉は絵も字もうまいのに、僕はどちらも下手で。30歳になって字が汚いのって、ダサいなと思ってしまうので、今年は字をきれいに書くように心掛けたいです。全然、芝居と関係ないですね(笑)。

不思議な“相談相手”…いったい何者!? (2/2)

オムイズムvol.2「園園〜そのその〜」
2019年1月23日(水)〜26日(土)
東京・北沢タウンホールにて上演

脚本・演出=私オム
出演=小野健斗、水原ゆき、宮崎篤臣、沖なつ芽、篠原功 他

公式サイト
https://omuism.wixsite.com/omuism?_fsi=iQubRjtC

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物