BEYOOOOONDS清野桃々姫が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

2019/04/01 17:30 配信

音楽

2018年、誕生から20周年を迎えるハロー!プロジェクトをお祝いした記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。ハロー!プロジェクトに所属するメンバーが、これまでの活動から感じた20周年への思いや意気込み、アイドルとして日々考えていることなど、“20問20答”でアツ~く語ってくれました♪ 今回はBEYOOOOONDSより清野桃々姫が登場!!

清野桃々姫(きよの・ももひめ)=2004年12月22日生まれ、東京都出身

清野桃々姫(きよの・ももひめ)=2004年12月22日生まれ、東京都出身

撮影=佐藤友昭

Q1:名前の由来を教えて!

もともと、姫という字を入れたかったみたいです。桃の花はすごく縁起のいいお花で、姫はお姫様みたいにかわいい人、かわいい心を持った人に育つようにという願いが込められています。桃々姫じゃなかったらジャスミンだったんですよ! あと、檸檬姫や苺姫とかもあったっぽくって(笑)。男の子だったら、福寿磨呂とか何とか磨呂みたいな感じだったそうです。

Q2:目標の先輩は?

嗣永桃子さん(元Berryz工房、カントリー・ガールズ)と鞘師里保さん(元モーニング娘。)です。嗣永さんはたくさんバラエティ番組とかにも一人で出られていましたし、やっぱり自分をずっと貫かれている。キャラクターが一日たりともぶれないっていうのがカッコいいなって。鞘師さんはパフォーマンスとダンスが憧れです。個性って言えるぐらいにすごく上手で、目を引く存在。研修生の実力診断テストという発表会のときに、私は鞘師さんがメインで歌われていた『冷たい風と片思い』を披露して、ベストパフォーマンス賞を獲ることが出来たました。鞘師さんの間奏のダンスが魅力で、聞いた瞬間からこれにしようって決めたんです。鞘師さんに出会えたことがうれしいしありがたいなって。

Q3:生まれ変わるなら誰になりたい?

モーニング娘。’19の佐藤優樹さんです。すごくいい意味で普通じゃないというか、考え方がすごい。どこからその考えが出てくるんだろうとか、すごく人生が楽しそうだなと思うので。

Q4:自分がハロプロでいちばんだと思うことは?

ヒューマンビートボックス。研修生時代はブログとかも全然なくて、情報を発信出来る場がなかった。でも、最近はブログやインスタグラムも始まったりして、やっと発信の場ができたんです。披露する機会とかも増えてきたので、もっと極めたいなって思います!

『眼鏡の男の子』から離れたい時期もあった (2/5)

【ハロプロ誕生20周年記念連載】
●発売中の月刊ザテレビジョン5月号ではBEYOOOOONDSが全員集合! サイン入りチェキプレゼントやハロプロメンバーのプライベート写メなどを掲載!
◆ザテレビジョンWEBで「ハロープロジェクト」総力特集ページ公開中!↓↓◆

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース