<なつぞら>なつ、号泣!!“魂の芝居”に視聴者もらい泣き「“小なつ”の演技に震えた…」

2019/04/11 07:04 配信

ドラマ

【写真を見る】視聴者も“号泣”の名シーン!泰樹(草刈正雄)にしっかりと抱きつくなつ(粟野咲莉)!!(他キュートな“小なつ”の名場面など)

【写真を見る】視聴者も“号泣”の名シーン!泰樹(草刈正雄)にしっかりと抱きつくなつ(粟野咲莉)!!(他キュートな“小なつ”の名場面など)

「なつぞら」第9回より (C)NHK

広瀬すずがヒロインを務める連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。4月10日放送の第9回では、これまで我慢に我慢を重ね、怒ることもせずすべてを諦め“いい子”を演じてきた幼いなつ(粟野咲莉)が、初めて子どもらしく泣きじゃくり、泰樹(草刈正雄)の胸に飛び込んだ。66歳の草刈と8歳の粟野が見せた魂の演技に、視聴者からは感動の声が上がっている。(以下、第9回までのネタバレがあります)

なつが初めて感情をあらわに

「なつぞら」第9回より (C)NHK

「なつぞら」第9回より (C)NHK

兄・咲太郎(渡邉蒼)に会いたい一心で、柴田家を黙って抜け出したなつ。川原でひとり、孤独と向き合っているところに現れたのは、なつを必死に探す泰樹ら柴田家の家族たちだった。

「どうして…どうして私には家族がいないの!」これまで怒ることも、わがままを言うこともなく、“いい子”でい続けたなつ。そんななつが初めて、柴田家の面々の前で声を荒げ、泣きじゃくった。

そんななつに、泰樹が「もっと怒れ!怒ればいい」と怒鳴り返す。なつも感情をむき出しに「ばかやろう!…ちくしょう…ばかやろう!」と叫び、たまらず泰樹の胸に飛び込んだ。泰樹は「お前には、もうそばに家族はおらん…だが、わしらがおる」と、なつをしっかり抱きしめた。

泰樹「堂々と、ここで生きろ」

「なつぞら」第3回より (C)NHK

「なつぞら」第3回より (C)NHK

優しい言葉をかけるのが苦手な泰樹。第1回(4月1日放送)で、なつが剛男(藤木直人)に連れられて十勝にやってくると「牛や馬ならまだしも、役立たんやつを増やしてどうする」と冷たく言い放った。演じる草刈も、「なつぞら」公式サイトのインタビューで「僕自身、ここまで頑固な役はやったことがない」と苦笑するほど孤高の存在だ。

泰樹となつの演技に視聴者「めっちゃ泣いた」 (2/5)

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース