深川麻衣、大先輩・中井貴一との共演に「とにかく付いていこう」

2019/05/15 18:00 配信

映画

映画「空母いぶき」に出演する深川麻衣

映画「空母いぶき」に出演する深川麻衣

映画「空母いぶき」が5月24日(金)に公開する。同作品は、かわぐちかいじによる同名漫画を実写化したもので、現代の日本を舞台に自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とその乗員たちを中心とした海上自衛隊の活躍を描くクライシス大作。

ある年の12月23日、世間ではクリスマス・イブを翌日に控えて“お祭りムード”が漂う中、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸する。一報を受けた内閣総理大臣・垂水(佐藤浩市)以下、主要閣僚たちは首相官邸に集結。一方、海上自衛隊は即時、海上警備行動の下、初島の奪還と海上保安官救出のため、艦隊を現場海域に向かわせていた。同艦隊は、戦後初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を旗艦とし、護衛艦「あしたか」「いそかぜ」「はつゆき」「しらゆき」、潜水艦「はやしお」からなる第5護衛隊群。そんな中、「いぶき」は突如、潜んでいた敵潜水艦からのミサイル攻撃に襲われる。「いぶき」艦長・秋津(西島秀俊)は攻撃命令を群司令・湧井(藤竜也)に進言するが、副長兼航海長・新波(佐々木蔵之介)は「正当防衛以外攻撃はできない」と反対する、というストーリー。

今回、未曾有の危機にさらされる日本国内で、騒然となる人々の対応に振り回されるコンビニのアルバイト店員・森山しおりを演じた深川麻衣にインタビューを行い、同作の感想や役柄について、コンビニ店長・中野役の中井貴一の印象などを語ってもらった。

――本編を見た感想は?

「すごくスケールの大きい作品で、『この映画は絶対に映画館で見てほしい作品だな』って思いました。自分が出演させていただいた作品を見る時はいつも自分のお芝居の粗を探してしまったりして冷静に見ることができないのですが、この作品に関してはストーリーに引き込まれてしまって純粋に楽しめました」

――演じたしおりはどのようなキャラクターですか?

「しおりは元気な女の子で、中井貴一さん演じる店長のことが大好きなアルバイト店員です。海上自衛隊の戦闘シーンとは対照的に、見てくださる方々の日常に近いパートだと思うので共感しやすいと思います。原作にはない役なので、自分なりに “作品における役割”について考えて撮影に臨みました」

――撮影はいかがでしたか?

「撮影は短期間だったのですが、何より大先輩である中井貴一さんと一緒にお芝居をさせていただく機会がこんなに早く来るなんて思っていなかったので、すごく光栄な思いで撮影していました。中井さんは台本に沿った中ですごくアドリブを入れてこられるので、『とにかく付いていこう』という気持ちでした」

――中井さんとのエピソードを教えてください。

「とても緊張していたのですが、そんな私にも気さくに声を掛けてくださいました。中でも印象的だったのは、『少しお芝居を交わしたら、その人がどんな人なのか分かるようになる』というお話をされていたことです。フィクションの中のキャラクターを演じていても、土台には演じる人の人となりがあるから人柄が透けて見えるそうなんです。その話を聞いた時に、『自分のお芝居のプランニングだけじゃなく、ちゃんと相手のお芝居から出るものを受け止めて演じてらっしゃるのだな』って。そんな中で、『私はどんなふうに映っていますか?』って聞きたかったのですが、緊張して聞けなかった…(苦笑)。またお会いする機会があったら、今度こそ勇気を出して聞いてみようと思っています!」

文=原田健 撮影=中川容邦

深川麻衣のインタビュー全文や撮り下ろし写真がもっと見られる!
ホミニスでは芸能人や有名人のインタビュー、出演情報&番組ニュースなどを毎日配信!