佐野勇斗が一般試写会にサプライズ登場!フリーライブ開催も電撃発表

2019/05/18 07:19 配信

映画

試写会にサプライズ登壇した佐野勇斗ら

試写会にサプライズ登壇した佐野勇斗ら

佐野勇斗(M!LK)が主演する映画「小さな恋のうた」(5月24日公開)の一般向け試写会に佐野と共演の森永悠希がサプライズ登壇!公開前日に東京都内でフリーライブを行うことも電撃発表し、集まったファンを歓喜の渦に巻き込んだ。

サプライズ登場にファン歓喜!!

サプライズの舞台となったのは、5月16日に都内で行われた一般試写会。作品上映後、佐野、森永、そして橋本光二郎監督と森井輝(もりい・あきら)プロデューサーが客席後方からサプライズで登場!登場に驚く観客たちの歓声に4人は笑顔で応えながら舞台に登壇した。

これまでも、キャスト未発表での完成披露試写会、主要キャストの各地試写会へのサプライズ登壇や、「はいさいフェスタ2019」での世良公則・キヨサク(MONGOL800)のサプライズ登場など、お客さんへのサプライズ演出が続いていた本作。

この日は“真打”として主演の佐野が登場。佐野は「今日はサプライズ登壇ということで緊張してますが、この場に登壇できて本当に嬉しいです。すごく感動してます!」と感慨深げに挨拶。森永も「他のキャストがみんな色々なところを回っているなか、やっと来れました!上映直後なので、感動で泣いてらっしゃる方もいて、皆さんの熱量を感じています」と、登壇の喜びを語った。

佐野勇斗「リアルに怒られてました(笑)」

檀上では、2人が思い入れのあるシーンを語る一幕も。

数あるおすすめのシーンの中でも、佐野が挙げたのは、大勢のエキストラを前に屋上でバント演奏するシーン。森永も「あのシーンはエモかったですね~(笑)。エキストラの方々と一丸となって盛り上がれたシーンです」とうなずき、橋本監督は「爽やかなシーンですが、日が昇る前から準備して夕方くらいまで、ずっと歌い続けの撮影日だった」と苦労も語った。

そんな撮影を経て、佐野をはじめ劇中でバンドメンバーを演じた5人は「小さな恋のうたバンド」として5月22日にCDデビューを果たすことも決まっている。

森永は、バンドメンバーの中でも唯一のバント経験者。「みんなは初めてで大変だったのでは?」という森永の問いに、佐野は「大変でした!劇中で森永くんに怒られるシーンもあるけど、リアルに怒られてましたね(笑)」と練習を振り返った。

5月23日のフリーライブ開催発表にファン歓喜! (2/2)

映画「小さな恋のうた」
5月24日公開
(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

■メイキング動画