<パーフェクトワールド>つぐみと洋貴が…!傷つく樹にファン涙「こんな恋、切なすぎるよ…」

2019/05/29 08:46 配信

ドラマ

「パーフェクトワールド」第6話より (C)カンテレ

「パーフェクトワールド」第6話より (C)カンテレ

松坂桃李が主演を、山本美月がヒロインを務めるドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第6話が5月28日に放送された。別々の道を歩き始めた樹(松坂)とつぐみ(山本)。お互いに思いを残しながらもすれ違う2人に、ファンから「切なすぎる」「胸が苦しい…」といった声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

樹と別れ、つぐみは実家へ

「パーフェクトワールド」第6話より (C)カンテレ

「パーフェクトワールド」第6話より (C)カンテレ

同作は「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエの漫画が原作。車椅子に乗った建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し、心を通わせていく中で樹の生き方が変化していくラブストーリー。

つぐみに思いを寄せる幼なじみ・是枝洋貴を瀬戸康史が、樹の訪問介護ヘルパー・長沢葵を中村ゆりが、樹の同僚・渡辺晴人を松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)が演じる。

障がいのある自分ではつぐみを幸せにできないと、第5話(5月21日放送)で樹はつぐみに「今までありがとう。俺たち、終わりにしよう」と別れを告げた。第6話では、傷心のつぐみが会社を辞め、松本の実家に帰ることに。東京を発つことを知った樹はたまらず高速バス乗り場へタクシーで急ぐが、バスは出発したあとだった。

洋貴、つぐみにプロポーズ (2/7)

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!