国分太一、先輩や後輩と語り合った時間も「ジャニーさんが演出していたのかな」

2019/07/10 10:18 配信

芸能一般

国分太一が「ビビット」でジャニー喜多川さんへの思いを語った

国分太一が「ビビット」でジャニー喜多川さんへの思いを語った

国分太一が7月10日、MCを務める「ビビット」(毎週月~金曜朝8:00-9:55、TBS系)に生出演し、所属するジャニーズ事務所の代表取締役社長・ジャニー喜多川さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため87歳で亡くなったことを伝えた。

「知ったのは昨日の20時過ぎでしたかね。電話がありまして、亡くなりましたっていうような話を聞きました」という国分。

番組冒頭のVTRを見て涙を流したことについては「(昨夜)ジャニーさんの顔を見たときは全然涙は出なかったんですけど、こうやってVTRで振り返ると、やっぱりジャニーさんのすごさというのも改めて感じることができて」と語った。

また、昨夜の病院での様子について「(ジャニーズ事務所の)集まれる人間は全員集まったと思います。マッチ(近藤真彦)さんがいる所に、何となくですけどみんな集まっていて、マッチさんの言葉を待つわけでもなく、なんか“そこにいたい”という空気の中、思い出話をしたりとか、あの人すごい人だったねとか、ジャニーさんの持つ魅力ってなんだったんだろうねっていう話を…もう尽きなかったですね。泣いているメンバーもいましたが、結構みんな何ともいえない空気を受け止めながら、そこで思い出話を語っていた感じです」と明かした。

見舞いに訪れた時も、ジャニーさんを囲んで先輩や後輩といろいろな話をしたと言う。

「普段しゃべることのない後輩だったり、ここまで深く話すことのなかった先輩と、ジャニーさんを囲んで、(僕の)知らないジャニーさんの話を聞けた3週間でもあったんですよね。にくいですけど、そこもジャニーさんは演出していたのかなぁって。別れる時間というのをいっぱい作ってくれて、僕が31年間で知らなかった部分も、他の先輩や後輩から教えてもらったという貴重な時間でしたね」と振り返った。

さらに、七夕の日にはジャニーさんの病室に笹を置き、所属タレントたちが「ジャニーさんと今後やりたいこと」を短冊に書いて飾ったというエピソードも。

「僕は若い頃からジャニーさんにすごく怒られていたんですよ。例えば、テレビでこうやって泣くと『ユー、最悪だよ。演者が泣いちゃ駄目だよ。それは絶対に我慢しなければいけないんだよ』っていうようなことを、若い頃から怒られていたんです。だから、『ジャニーさんが元気になったら、またTOKIOのことをバチ打ちしてください』っていうようなことを書きました」と明かした。

「ビビット」
毎週月~金曜朝8:00-9:55
TBS系で放送

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース