「ルパン三世」劇場版最新作は、モンキー・パンチ悲願の3DCGアニメーション!

2019/07/11 20:58 配信

映画

「ルパン三世 THE FIRST」が12月6日(金)に公開されることが決定し、予告映像とティザービジュアルが解禁となった

「ルパン三世 THE FIRST」が12月6日(金)に公開されることが決定し、予告映像とティザービジュアルが解禁となった

(C)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

「ルパン三世」の劇場版最新作「ルパン三世 THE FIRST」が、12月6日(金)に公開されることが決定した。

「ルパン三世」史上初の3DCGアニメーション

長編アニメーションとしては23年ぶり、そして「ルパン三世」史上初の3DCGアニメーションとなる本作の監督・脚本は、VFXの第一人者・山崎貴が担当。

生前、キャラクター設定資料を見て「新しい感覚がいっぱい詰まったルパンになりそうで、どんな作品になるか想像するだけで、今からワクワクしています」と話していた原作者のモンキー・パンチ。

そのモンキー・パンチの悲願でもあった、“フル3DCGによるルパン一味”がスクリーンで躍動する。

今回、ルパンが狙うのは、謎を解いたものは莫大な富を手にすることができるとされ、ルパン一世が唯一盗み出すことに失敗した因縁のお宝「ブレッソン・ダイアリー」。

第二次世界大戦中にはナチスがその行方を追い求めたともいわれる、“伝説級の獲物”にルパン一味が挑む。また、60秒の予告映像とティザービジュアルが解禁に。

モンキー・パンチの描いた「ルパン三世」の画から始まる予告は、歴代のルパンが一堂に会するというシリーズの歴史を感じるオープニングで、3DCGになったルパン一味と銭形警部が登場。

一方のティザービジュアルでは、傷だらけになったハットをかぶり、ステッキを持って不敵に笑うルパン三世の姿が描かれている。

モンキー・パンチらスタッフ陣からのコメント&ストーリー紹介 (2/2)

映画「ルパン三世 THE FIRST」
2019年12月6日(金)全国東宝系にてロードショー

<スタッフ>
監督・脚本:山崎貴
原作:モンキー・パンチ 音楽:大野雄二
制作:トムス・エンタテインメント/マーザ・アニメーションプラネット
製作:2019映画「ルパン三世」製作委員会
配給:東宝

<キャスト>
栗田貫一、小林清志、浪川大輔
沢城みゆき、山寺宏一

【HP】lupin-3rd-movie.com



◆2019年夏アニメまとめ◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース