ホラー映画界の巨匠が集結「新たなホラー映画体験」「21世紀最恐の作品の一つ」と話題

2019/07/16 15:30 配信

映画

7月19日(金)より公開が決定した「マスターズ・オブ・ホラー」
7月19日(金)より公開が決定した「マスターズ・オブ・ホラー」(C)2018 Nightmare Cinema Productions, LLC


7月19日(金)より公開が決定した映画「マスターズ・オブ・ホラー」の場面カットが解禁された。海外メディアから「新たなホラー映画体験」「21世紀最恐の作品の一つ」と評価され、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」では、驚異の“92%Fresh”を記録している。

反響もさることながら監督陣の豪華さが注目されている同作は、世界のホラー映画の巨匠13人によるオムニバス作品。

ホラー映画界の巨匠が集結


【写真を見る】5人巨匠が集結!左上から時計回りにミック・ギャリス、北村龍平、アレハンドロ・ブルゲス、ジョー・ ダンテ、デヴィッド・スレイド
【写真を見る】5人巨匠が集結!左上から時計回りにミック・ギャリス、北村龍平、アレハンドロ・ブルゲス、ジョー・ ダンテ、デヴィッド・スレイド(C)2018 Nightmare Cinema Productions, LLC


スティーブン・スピルバーグがその右腕として信頼し「グレムリン」の監督も任せた鬼才ジョー・ダンテを筆頭に、「30デイズ・ナイト」のデヴィッド・スレイド、「ノー・ワン・リヴズ」の北村龍平、「ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッド」のアレハンドロ・ブルゲス、「ザ・フライ2/二世誕生」のミック・ギャリスが集結。ホラー映画界で知らぬもののいない巨匠たちが新たなホラー映画を作り出した。

ストーリー


「マスターズ・オブ・ホラー」登場人物が導かれる映画館
「マスターズ・オブ・ホラー」登場人物が導かれる映画館(C)2018 Nightmare Cinema Productions, LLC


ある日、サマンサが街を歩いていると、人けのない映画館が目の前に現れた。中に入ると客席は無人だった。

席に座ると、突然スクリーンに映像が流れ始める。そこには何かに追われ、屍で埋め尽くされた森の中を走る、血だらけの自分自身がいた。

一方、その頃、ベネディクト神父も、ふと目にした映画館へと導かれていた。そこで教会の屋根から少年が飛び降り自殺をする映像を目にする。

そして、神父にさらなる恐怖が襲い掛かる。閑散とした魅惑のホーンテッドシアターが映し出す狂気の沙汰の数々。それらは妖しげにつながり壮絶な“血の歴史”がひもとかれる。

映画「マスターズ・オブ・ホラー」
7月19日(金)より公開

監督=ジョー・ダンテ、デヴィッド・スレイド、北村龍平、アレハンドロ・ブルゲス、ミック・ギャリス
出演=ミッキー・ローク、リチャード・チェンバレン、アダム・ゴドリー、エリザベス・リーサー、アナベス・ギッシュ
【HP】http://wild-trauma-cinema.com/

関連番組

関連人物