上白石萌音からの罵倒に山崎紘菜「日々、溜まるものがあって…」

2019/09/07 16:37 配信

映画「スタートアップ・ガールズ」公開記念舞台あいさつに登壇した上白石萌音(写真左)、山崎紘菜

映画「スタートアップ・ガールズ」公開記念舞台あいさつに登壇した上白石萌音(写真左)、山崎紘菜

上白石萌音山崎紘菜が初共演でW主演を務める映画「スタートアップ・ガールズ」が9月6日に公開され、7日に都内で行われた公開記念舞台あいさつに上白石、山崎、挿入歌を担当するXAI池田千尋監督が登壇した。

日本初となる“スタートアップ”をテーマにした本作は、大学生にしてIT×医療で起業を目指す閃きの自由人・小松光(上白石)と、大企業に勤め起業家への投資をする安定志向の女性・南堀希(山崎)の正反対の二人が、ぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして進化していく姿を描いている。

上白石萌音は体に湿疹

大学生にしてIT×医療で起業を目指す閃きの自由人・小松光を演じた上白石萌音

大学生にしてIT×医療で起業を目指す閃きの自由人・小松光を演じた上白石萌音

上白石は、テンションが高い光を演じたことについて「普段、とても省エネな生活を送っているので、怒ったり、けんかなどは面倒くさくてやらないタイプなんですが、光は真正面からぶつかり、人を罵倒したりするので、そういう人に汚い言葉を使うと…」と撮影を振り返る。

「そのシーンを撮り終わって、おうちでお風呂に入ると体にぶつぶつが出ていて。人に悪口を言って湿疹が出たという(笑)。でも、私もこんなに(人を)怒鳴ることができるんだって思いました」と明かした。

また、そんな光の怒りなどを受け続けた希役の山崎は「常に全部を受けるお芝居で、光の怒りをぶつけられたり、会社の上司にもまれたり…受ける方も大変なんだなって。でも、光がパワフルにやってくれただけエネルギーをもらえるので、萌音ちゃんに感謝してます」と語る。

しかし、撮影後のことを聞かれると「うちに帰って、日々溜まるものがあって…。橋の上で初めて言い合いになるシーンがあるんですけど、その時は泣きすぎるくらい泣いちゃったんですけど、それくらい溜めていたものってあるんだなって」と告白。

すかさず池田監督が「でも、楽しい現場でしたよ(笑)」とフォロー。4人が笑顔となり、仲の良さを見せた。

“限界突破”を心の中のスローガンに撮影 (2/2)

映画「スタートアップ・ガールズ」
公開中
出演=上白石萌音、山崎紘菜
   大西礼芳、長田侑子、沖田裕樹、三河悠冴
   渡辺真起子、宮川一朗太、神保悟志
   山本耕史
監督=池田千尋
脚本=高橋泉
音楽=MAYDENFIELD,井上陽介(Turntable Films)
主題歌=「スリープ」Performed by ASIAN KUNG-FU GENERATION
挿入歌=「スリープ(Covered by XAI)」Performed by XAI
公式サイト=http://startup-girls.jp/
(C)2018 KM-WWORKS Ltd., All rights reserved.

関連番組

関連人物