役所広司主演「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」ビジュアル公開!『日本では体験できないスケール』

2019/09/06 10:00 配信

映画

役所広司が主演を務める日中合作映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」の場面カットが公開された

役所広司が主演を務める日中合作映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」の場面カットが公開された

役所広司が主演、テレンス・チャンがプロデューサーを務める日中合作映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」(原題「Wings Over Everest」[中国題:冰峰暴])が、11月15日(金)から全国公開。今回、公開に向けて日本版ポスタービジュアルが完成した。

エベレストを舞台に、圧倒的な映像美で描く


本作は、標高8848m、氷点下83℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台にしたスペクタクル・エンタテインメント。

先日、予告編が公開され、その圧倒的スケールと映像美、そして極寒地帯で極限のアクションシーンを繰り広げる役所の姿に、驚きと期待の声が上がっていた。

今回公開された日本版ポスタービジュアルでは、頂が雪に覆われ圧倒的な存在感を放つエベレストと、そんな屈指の危険地帯である“デスゾーン”に果敢に挑む、ジアン隊長(役所)率いるヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」の雄雄しい表情が描かれている。

背には険しい氷山、そして救助ヘリには爆炎が迫る中、捨て身で仲間を救助しようとするジアン隊長。

エベレストに墜落した飛行機に残された“重要機密文書”の捜索のため、デスゾーンへと飛び立った「チーム・ウィングス」を待ち受ける、世界一危険なミッションの過酷さがうかがえる。

また、ジアン隊長が鬼の形相で拳を構える姿から、巨大な氷柱につかまり崖からダイブする隊員を受け止める姿、荒れ狂う吹雪の中でヘリから身を乗り出す姿など、場面写真も公開。

どのカットも緊迫した空気感が漂い、“ヒマラヤの鬼”と呼ぶにふさわしいジアン隊長の、決死のアクションシーンが写し出されている。

役所が「これほどスケールの大きい作品は、日本では体験できない」と話した本作は、10月28日(月)に開幕する第32回東京国際映画祭の特別招待作品にも選出。

日中合作の豪華キャスト・スタッフ陣、さらに豪華アーティストや声優の情熱が結集した、規格外のアクション、濃密な人間ドラマが、圧倒的な映像美で展開していく。

映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」
11月15日(金)全国公開

<スタッフ>
監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン 
撮影監督:ライ・イウファイ 美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク 
音楽:川井憲次 日本語吹替版主題歌:GLAY「氷の翼」(LSG)
提供:バップ/配給:アスミック・エース
<キャスト>
役所広司、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン、ビクター・ウェブスター
ノア・ダンビー、グラハム・シールズ、ババック・ハーキー、プブツニン

<声の出演>
役所広司、沢城みゆき、宮野真守、神尾佑、山野井仁
俊藤光利、高木渉、細貝光司、沖原一生

関連番組

関連人物