綾野剛、大阪での撮影を熱望「関西大好き!」

2019/10/10 16:15 配信

映画

TOHOシネマズ梅田にて舞台あいさつに登壇した佐藤浩市、綾野剛、瀬々敬久監督(写真右から)

TOHOシネマズ梅田にて舞台あいさつに登壇した佐藤浩市、綾野剛、瀬々敬久監督(写真右から)

10月18日(金)より全国公開される映画「楽園」の舞台あいさつが10月9日、大阪・TOHOシネマズ梅田で行われ、主演の綾野剛佐藤浩市瀬々敬久監督が登壇した。

事前に登壇者を知らされてなかった観客で埋め尽くされた会場に、綾野、佐藤、瀬々監督が登場すると、観客からは驚きと興奮に包まれた歓声が沸き起こった。

まず綾野が「皆さん、こんばんは。大阪~大好き~!」と呼び掛けると、観客も「いえ~い!」と大興奮。続けて綾野は「いいですね~。これがやりたかったんです。今日の一番やりたかったことができました。今から作品を見ていただくということで、くだけてもよくないかなと思いつつ、この時間はこの時間なので。楽しみましょう。よろしくお願いします」とあいさつした。

佐藤は「どうもこんばんは。佐藤です。えー、壊れてます(笑)。今日は朝から稼働していて、ちょい壊れかけています(笑)。楽しめるような作品ではないと思いますが、何か持って帰っていただきたいなと思います。本日はどうぞ、よろしくお願いいたします」とコメント。

そして、瀬々監督が「一時期、関西に住んでいたこともあったので、お! ナビオ阪急か。と思って来ました。あとこの劇場は、シネコンらしからぬ、昔ながらの劇場スタイルなので、いい感じだなと思っています。今日はよろしくお願いします」と話し、舞台あいさつは和やかに始まった。

関西への思いに対する質問に「関西大好き!」と即答した綾野は、「大阪で撮影をしたことがないので、今後ぜひ大阪で撮影がしたい」と熱望。撮影場所はたくさんあるのでぜひというMCに対し、「ほんまですか? いや、ゆうてもでしょ~?」と関西弁でツッコむシーンも。

一方、佐藤は「僕らの世代は京都の撮影所が非常に多くの作品を撮っていた時代なので、僕にとっての関西は京都ですね」と振り返った。

瀬々監督「浩市さんは見えないと思いますけど同い年で(笑)」 (2/4)

映画「楽園」
10月18(金)公開
出演:綾野剛/杉咲花
   村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
   佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
主題歌:上白石萌音「一縷」(作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎)
監督・脚本:瀬々敬久
公式サイト: rakuen-movie.jp
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:角川大映スタジオ
(C)2019「楽園」製作委員会

関連番組

関連人物