ラストアイドル中村守里、古民家での撮影に「おばあちゃんの家みたいで落ち着きました」

2019/11/04 07:00 配信

中村守里が「制服美少女情景図鑑」の発売を記念して、サイン本お渡し会を開催

中村守里が「制服美少女情景図鑑」の発売を記念して、サイン本お渡し会を開催

中村守里(ラストアイドル/LoveCocchi)が、「制服美少女情景図鑑」(玄光社)の発売を記念して、11月3日に東京・書泉グランデでサイン本お渡し会を開催した。

本作はグラビアフォトグラファーのアライテツヤが、中村の他、畑芽育、竹内詩乃、出口夏希ら次世代女優として期待される美少女4人をモデルに「夏」のワンシーンを演出した一冊。

教室、通学、部活、橋、屋上などのシチュエーションで、制服美少女たちの日常動作を多彩なアングルから背景ごと捉えた「情景ポーズ集」となっている。

イベント終了後、中村に単独インタビューをして、撮影の思い出やこれからの目標などを聞いた。

素な感じのままで、飾らずに撮影できました

「制服美少女情景図鑑」より

「制服美少女情景図鑑」より

(C)玄光社 撮影=アライテツヤ

――8月初旬に埼玉・飯能で撮影されたそうですね。

すごく暑かったです。制服も長袖のシャツだったんですよ。でも、涼しい顔をしながら、暑さを感じさせない表情をしてました(笑)。個人的には寒いよりは暑い方が全然好きですけど。

――古民家を使った撮影はどうでしたか?

おばあちゃんの家みたいで落ち着きました。結構素な感じのままで、飾らずに撮影できましたね。ナチュラルな感じで撮っていただけました。

――普段の自分とここは違うなというところは?

表紙に載ってるみたいな大きなヘッドホンは付けないですね(笑)。音楽を聞くこと自体は好きですけど。あとは本には載っていないですけど、ホースで水をまいたのが初めての経験だったので楽しかったです。

――外に出ての撮影は制服も変わって、室内とはちょっと違った雰囲気ですね。

幻想的な写真だなって思います。しゃぼん玉を吹いてる写真とか…きれいに吹くのが難しかったですけど(笑)。川に入って撮影したときは、水が冷たくて気持ちよかったです。

――こんなふうに自然に触れる機会は?

あまりないですね。東京に住んでるとなかなか。こんなに緑がある風景は新鮮でした。いろんな写真を撮っていただいて、濃い一日になりました。

――部屋で本を読んでいるカットもありますが、普段から読書はしますか?

本を読むのは好きです。今は松井玲奈さんの短編小説集「カモフラージュ」を読んでいます。まだ途中までなんですけど、どの作品も好きですね。ワード選びのセンスがすごいなって思います。

――自分でも書いてみたいなと思ったり?

書くことは好きですけど、得意ではないです(笑)。

――「制服美少女情景図鑑」は、物語を想像できるようなさまざまなシチュエーションで撮影された一冊ということで、冒頭にはそんな物語も書いていただいていますね。

読みました! すごく良かったです。はかない感じに表現されてて。可憐な感じというか。個人的に「はかない」っていう言葉が好きなのでうれしかったです。

――撮影中は、はかない雰囲気を出そうと狙っていたり?

いやいや、狙ってはいなかったですけど(笑)。はかないイメージになったのは、きっとしゃぼん玉のおかげですよ。すぐ消えて、はかないじゃないですか。

――イベントにはたくさんのファンの方が集まりましたね。

いつも応援してくださっている方の他にも、少しずつ初めましての方も増えてきていて「会えるのを楽しみにしてました」って言っていただけました。「制服似合うね。写真で見るのも楽しみにしてます」って言っていただけたのもうれしかったです。

2020年には映画も公開 (2/2)

「制服美少女情景図鑑」
発売中
モデル=畑芽育、竹内詩乃、中村守里、出口夏希
撮影=アライテツヤ
発売元=玄光社

関連人物