映画「Fukushima 50」在日米軍、自衛隊が撮影協力

2019/11/19 07:00 配信

映画「Fukushima 50」で米軍が撮影協力

映画「Fukushima 50」で米軍が撮影協力

2020年3月6日(金)より公開の映画「Fukushima50」の撮影に米軍が協力をしていることが発表された。

本作は、ジャーナリスト・門田隆将によるノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)が原作だ。

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、想像を超える被害をもたらした福島第一原子力発電所、通称・イチエフ。その現場に残って対応を続けた作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。

本作ではそんな作業員たちにスポットを当て、あの現場で一体何が起きていたのか、その知られざる真実を描いていく。

主演を務めるのは佐藤浩市。福島出身で原子炉から最も近い中央制御室を指揮する、1・2号機当直長、伊崎利夫を演じる。また、福島第一原発所長・吉田昌郎役を渡辺謙が務めるほか、吉岡秀隆安田成美も出演が決定している。

日本映画として初めて、米軍が撮影に協力していることが判明した本作では、2011年当時に実施された被災地を支援する米軍の「トモダチ作戦」が描かれ、2019年1月28日に在日米軍横田基地において撮影が行われた。

作戦会議のシーンでは、施設内にある実際の作戦会議室が貸し出され、米軍所有のヘリを実際に飛ばし、東北支援に向けて発進するシーンが撮影された。撮影に際して、米国防総省への申請および許可が必要となり、日本映画では実績も交渉ルートもないが米国大使館関係者の協力のもと、米側安全保障チームと粘り強く交渉を続けた結果、撮影の許可が下りたという。

本物の米軍たちも撮影に参加 (2/3)

映画「Fukushima50」
2020年3月公開

出演=佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、安田成美ほか
監督=若松節朗
脚本=前川洋一
音楽=岩代太郎
原作=「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作=KADOKAWA
配給=松竹、KADOKAWA
(C)2020『Fukushima50』製作委員会

関連番組

関連人物