森七菜、映画「ラストレター」で歌手デビュー!「お芝居をするような感覚で歌いました」

2019/11/22 15:13 配信

主題歌「カエルノウタ」の作曲を担当した小林武史、歌手デビューとなる森七菜、作詞を手掛けた岩井俊二(写真左から)

主題歌「カエルノウタ」の作曲を担当した小林武史、歌手デビューとなる森七菜、作詞を手掛けた岩井俊二(写真左から)

映画「天気の子」(2019年)のヒロイン役で注目を集め、活躍が期待される新人女優の森七菜が、自身も出演している岩井俊二監督最新作「ラストレター」(2020年1月17日[金]公開)の主題歌で歌手デビューすることが決定した。

2020年1月15日(水)にリリースされる主題歌「カエルノウタ」は、作詞を岩井、作曲を本映画の音楽を務める小林武史が担当。

カップリングには、小泉今日子の「あなたに会えてよかった」、荒井由実(現:松任谷由実)の「返事はいらない」のカバーが収録される。

森が主題歌を歌うことになった経緯について、企画・プロデュース担当の川村元気は下記のように語っている。

川村元気コメント

「スワロウテイル」におけるYEN TOWN BAND、「リリイ・シュシュのすべて」から生まれたリリイ・シュシュ、岩井俊二監督作品から、いつもすばらしい音楽が生まれてきた。

では「ラストレター」からはどんな音楽が生まれるのか。

岩井俊二小林武史と話し合いを続けた。たくさんのアーティストが主題歌の候補として挙がる中、答えが目の前にあることに気付いた。

「試しに」と歌ってもらった森七菜の歌声には、少年と少女の間をたゆたうようなみずみずしさと、誰にもまねできない力強さがあった。

その声にひきつけられて、岩井俊二がおとぎ話のような歌詞を書き、小林武史が映画の世界観を投影したメロディーをつけた。エンドロールにこの主題歌が流れたときに、ついに“岩井俊二監督作品”が完成したのだと感じた。

森七菜、小林武史、岩井俊二コメント (2/3)

森七菜「カエルノウタ」
2020年1月15日(水)リリース 1,500円(税抜)
1.カエルノウタ
2.あなたに会えてよかった
3.返事はいらない
4.カエルノウタ(Instrumental)
5.あなたに会えてよかった(Instrumental)
6.返事はいらない(Instrumental)

映画「ラストレター」
2020年1月17日(金)公開
監督・脚本・編集:岩井俊二
原作:岩井俊二「ラストレター」(文春文庫刊)
音楽:小林武史
出演:松たか子 広瀬すず 
   庵野秀明 森七菜 小室等 水越けいこ 木内みどり 鈴木慶/豊川悦司 中山美穂
   神木隆之介 福山雅治          
主題歌:森七菜「カエルノウタ」(作詞:岩井俊二 作曲:小林武史)
(C)2020「ラストレター」製作委員会
公式サイト: https://last-letter-movie.jp/

関連番組

関連人物