山口まゆ、長渕剛らが作る現場に「私、ここにいていいんだ」と居場所を再確認<Interview>

2019/12/13 07:00 配信

映画

映画「太陽の家」に出演する山口まゆにインタビュー
映画「太陽の家」に出演する山口まゆにインタビュー撮影=永田正雄/ヘアメーク=山下景子/スタイリスト=道端亜未


長渕剛が、「英二」(1999年)以来20年ぶりにスクリーンに帰ってくる。2020年1月17日(金)ロードショーの主演作「太陽の家」で演じるのは、人情に厚く、神技的な腕を持つ棟梁・川崎信吾。妻の美沙希を飯島直子、一人娘の柑奈を山口まゆが熱演する。

ほか、シングルマザーで一人息子を育てる保険会社の営業ウーマンを広末涼子、信吾を父親のように慕う後輩を瑛太が演じ、川崎家に大きく関わってくる。

山口は、本作が長渕と初共演。そこで、気になる現場の長渕の様子や撮影秘話、作品の肝となる川崎家での家族関係、自身の家族についても迫ってみた。

こんなに熱い現場は他にない


山口まゆ
山口まゆ撮影=永田正雄/ヘアメーク=山下景子/スタイリスト=道端亜未


――“俳優”長渕さんは、撮影現場でどんな方でしたか?

本当に熱い方なので、すごく刺激になりました。みんなをまとめてくれるのも、「やるぞ!」と言葉を発するのはなく、自然とみんなが背筋を伸ばして、一つの作品を作っていたみたいな感じでした。長渕さんが座長というものを全うされていたので、居心地よく撮影させていただきました。

――現場は、どんな雰囲気だったんでしょう。

こんなに熱い現場は他にないと思いましたね。あと、これまでは自分は何をやっているんだろうとか、どこにいたらいいんだろうとか、私が(この役を)やっていいんだろうかとか、考えてしまうことがあったんですけど、この現場ではそんなことが全くなかったんです。

長渕さん、スタッフさん、他のキャストさんが席を用意してくださるような、皆さんが居場所を与えてくださるような感じでした。一人ひとりが尊重されていましたし、それがギュッとなってすてきな作品になったので、本当にいい経験をさせていただきましたし、「私、ここにいていいんだ」と再確認できました。

映画「太陽の家」
2020年1月17日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
出演=長渕剛
   飯島直子、山口まゆ、潤浩
   上田晋也(友情出演)
   瑛太、広末涼子
監督=権野元
脚本=江良至
主題歌=長渕剛「Orange」
▼公式サイト
 https://taiyonoie-movie.jp/

関連番組

関連人物