映画通スピードワゴン小沢一敬が「年末に観るのにピッタリ」と語る映画とは?<ザテレビジョンシネマ部>

2019/12/13 07:00 配信

『マイ・プレシャス・リスト』

『マイ・プレシャス・リスト』

(C)2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画を愛するスピードワゴン小沢一敬さんならではの「僕が思う、最高にシビれるこの映画の名セリフ」をお届け。第10回は、ハーバード大卒の超天才だけど“コミュ力”ゼロのヒロインが、幸せを探して悪戦苦闘するさまを愛らしく描いた青春ラブ・コメディ『マイ・プレシャス・リスト(2016)』(12月22日夜11:15 WOWOWシネマほか)。さて、どんな名セリフが飛び出すか?

――今回の作品は、また小沢さん好みな感じです。

小沢一敬(以下、小沢)「うん、面白かった。主人公の女の子が、セラピストから大みそかまでに実行すべき6つのリストを渡されるでしょ。つまりそれがマイ・プレシャス・リストってことになるんだけど、若い頃、俺も同じようなことをしてたんだよね」

――それはどういうリストだったんですか?

小沢「お正月明けに相方(井戸田潤)と会ったときに『今年は必ずこれを実行しよう』っていうリストを作って、『これができなかったら、もう辞めよう』って」

――なるほど、コンビとしてのマイ・プレシャス・リスト。

小沢「そうそう。当時、全くの手探り状態で東京に出てきて、どうやったら仕事が増えるのかも分からなかったから。とりあえず目の前に課題を作って、それを一つずつクリアしていこうって毎年決めたのね、2人で。たとえば『今年はラジオでもいいからレギュラー番組を持つ』とか、『今年中に何かの大会で優勝する』とか。いつの間にか、それをやらなくなってしまったから、久々にまたリストを作ってみたいなぁと思ったね」

今リストを作るとしたら? (2/3)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
マイ・プレシャス・リスト
WOWOWシネマ 12/22(日)夜11:15
WOWOWシネマ 1/23(木)昼1:20

関連人物