閉じる

「おっさんずラブ-in the sky-」田中圭「ドラマが終わっても、春田には 『元気でいてくれ!』という感じです」【インタビュー】

2019/12/21 12:00

放送の第6話では、四宮(戸次重幸)との〝お試し期間〟を経て、成瀬(千葉雄大)への思いを確信した春田(田中圭)。一方の成瀬は四宮に思いを募らせていることが判明するなど、物語が大きく動き始めた「おっさんずラブ -in the sky-」(テレビ朝日系)。それぞれの恋の行方に目が離せない最終回はもちろん、これまでとは異なる春田の立ち位置に誰よりも困惑しているのが、春田を演じる田中本人だ。

春田として生きてきて「やっぱりとても面白い人だし、すごく楽しい」と話す田中圭
春田として生きてきて「やっぱりとても面白い人だし、すごく楽しい」と話す田中圭撮影=山田大輔


「『―-in the sky-』の春田は切ないです。というのも、前は愛を受ける側だったのが、今回は春田から恋をして、引っかき回したり、回されたりする立場です。だから…今回の春田は前よりかわいくは、ないかもしれません(笑)。もう少し大人で、好きになった人を応援したり、自分自身も苦しんだり。人を思うことの楽しさや難しさを伝えていけたらいいなと思いながら演じています。それから前回は春田が物語の中心にいて、それぞれの人との関係性を描いていたのに対して、今回はそれぞれのキャラの物語がどんどん展開していくんです。だけど、心情描写というのは表には出ていないので、かなり役者に委ねられてる部分が多いです。例えば、第5話で春田が成瀬にキスをするシーンも、そこに至るまでの心情や、そこからまた何かが生まれるようにと思って演じていたのですが、正直難しさを感じる部分もありました」

 そんな自身の思いを、田中は共演者たちに正直に打ち明けたという。

「つい数日前に雄大や戸次さんをはじめとするみんなと食事に行って。そこで僕が伝えたのは、〝自分たちが役として生きている中で感じたことだけを最終回まで紡ぎたい〟ということ。もし台本にあるト書きやせりふ通り言えなかったら言わなくていいから、とにかく今自分が思っているように行動してほしいし、話してほしい、と。そうやって現場で生まれたものを、スタッフのみんなが一つ残らず画(え)にしてくれる――それが僕のイメージする〝おっさんずラブ〟なのですが、ここにきてまた一歩そこに近づけたのではないかと思います」

下に続きます
土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」
毎週土曜夜11:15-0:05
テレビ朝日系で放送
脚本=徳尾浩司/演出=瑠東東一郎ほか/出演=田中圭、千葉雄大、戸次重幸、佐津川愛美、木崎ゆりあ、鈴鹿央士、片岡京子、MEGUMI、正名僕蔵、吉田鋼太郎ほか
※崎は「立つ」崎
◆2019年秋ドラマをラインアップ!◆

画像一覧
6

  • 春田として生きてきて「やっぱりとても面白い人だし、すごく楽しい」と話す田中圭
  • 【写真を見る】写真撮影中、通りかかった子供に手を振る田中圭
  • 写真撮影中も“はるたん”風に演じてくれる田中
  • 撮影●山田大輔
  • 撮影●山田大輔
  • 田中は“おっさんずラブ”の現場を「自分が見たいと思うドラマを作ろうと試みている現場です」

関連人物

  • 田中圭

    田中圭

  • 千葉雄大

    千葉雄大

  • 戸次重幸

    戸次重幸

  • 吉田鋼太郎

    吉田鋼太郎

  • 【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 第118回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第118回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

もっと見る