譜久村聖「コンサートの楽しみはジャンプだけじゃない」 ジャンプ禁止も関係なし!令和初の新春ハロプロライブが大盛況!!

2020/01/03 08:00 配信

ハロー!プロジェクトの全6グループのメンバーとハロプロ研修生が参加する「Hello! Project 2020 WINTER」がスタート

ハロー!プロジェクトの全6グループのメンバーとハロプロ研修生が参加する「Hello! Project 2020 WINTER」がスタート

撮影=宮澤祐介

“冬のハロコン”こと、ハロー!プロジェクトのメンバーが総出演するコンサート「Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [     ] ~side A~」が、2020年も1月2日から東京・中野サンプラザでスタート。

ハロー!プロジェクトに所属する全6グループ58人(つばきファクトリー・浅倉樹々はインフルエンザのため休演)と、ハロプロ研修生の選抜メンバーが登場し、会場に訪れたファンとライブを通して新年を盛大にお祝いした。

公演前には、各グループの代表が2020年の抱負を書いた半紙を持ってメディアの前に登場。新年の目標などを語った。

“鼠は大黒天の使い”と書いた、モーニング娘。’20のリーダー・譜久村聖は「ネズミは“福の神の使い”と言われていて。私は年女なので、ネズミみたいにモーニング娘。やハロー!プロジェクトの福の使いになれるような存在になりたい」と決意を明かした。

“挑”と書いたつばきファクトリー岸本ゆめのは「2019年はいろんな挑戦をさせていただいたんですが、2020年はもっともっといろんなことに挑んでいきたい。今はライブハウスツアーを回らせていただいているんですが、次はステップアップして単独でホールなどでライブができるようになりたい!」と宣言。

さらに「後輩のBEYOOOOONDSがすごい勢いのあるグループですので、つばきファクトリーもそこに負けずに頑張っていきたい!」と言い、後輩グループに対抗心を燃やす一幕も。

ハロー!プロジェクトで最年長となるJuice=Juiceのリーダー・金澤朋子は“和”と書き「ライブ活動が大好きなグループなので、日本でのライブ活動はもちろん、和の心、日本の文化を、オリンピックもありますし、海外の方々にもどんどん広めていきたい」とコメント。

“咲”と書いたこぶしファクトリー井上玲音は「こぶしの花は春に咲く花。こぶしファクトリーは春だけでなく1年中咲き誇る花になりたい!」と自身のグループ名にちなんだ目標を掲げた。

一方、BEYOOOOONDSの山崎夢羽は“伸びよ”と書き、「2020年は初めての単独ライブツアーと主演舞台が決定しているので、昨年以上に“ビヨーン”と飛躍できるように頑張りたい!」と、メジャーデビュー曲がオリコンのシングルチャート1位、日本レコード大賞で最優秀新人賞を獲得した2019年以上の躍進を誓っていた。

また、山崎は1年前の取材時にメンバーの一岡伶奈が電車愛を語り、自らの仕事につなげていることから、「ドラえもん愛をドラちゃんに伝えられるように頑張りたいと思います!」と報道陣へのドラえもん好きをアピール。

大トリを飾ったのは、自ら「すっかりリーダーが板についてきた」と笑みを見せたアンジュルム竹内朱莉。竹内はファンだけでなく報道陣の間でも評判となっている書道3段の達筆で“努力”の二文字を。

「2019年は下半期に続々と人が辞めていくという前代未聞の事態が起きましたので、今年は残された私たちで努力して、新しいアンジュルムを築きあげられたらいいな」とコメント。

記者から達筆を褒められた竹内はライブの合間にもメンバーに教えていると言い、「10分くらいあれば全然(字が)変わるので、字がうまくなりたいなと思ったら来てください!」と笑顔を見せていた。

客席の“ジャンプ禁止”にメンバーは? (2/2)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物