千葉雄大×白石麻衣の「スマホ2」カップル対談!千葉『初めて見るタイプの女優さんだと思いました』

2020/02/15 08:00 配信

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」でカップルを演じた白石麻衣(左)と千葉雄大(右)

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」でカップルを演じた白石麻衣(左)と千葉雄大(右)

スマホを落としたことで巻き起こる事件を描いた映画「スマホを落としただけなのに」。その続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2月21日(金)に公開。

前作で連続殺人犯を逮捕した刑事・加賀谷学が主人公となり、自分の彼女・美乃里が巻き込まれる事件を調査する物語。加賀谷には千葉雄大、美乃里には白石麻衣が扮(ふん)する。

今回は、初共演にしてカップルを演じた千葉雄大白石麻衣のスペシャル対談! カップルを演じて感じたこと、作品の魅力について聞いた。

千葉さんにはかわいらしいイメージを持っていました(笑)

――お互いの印象を教えてください

千葉「バラエティ番組をよく拝見していたので、白と黒をハッキリおっしゃるイメージでした」

白石「私は千葉さんが出ている作品を見て、勝手にかわいらしいイメージを持っていました(笑)。でもご一緒させていただいたら、そのイメージとは真逆の男らしい一面があって…。現場でもいろいろ引っ張っていただいて本当に頼りになりました」

千葉「いやいや、あまり引っ張っていくタイプじゃないけど…」

白石「声を出してというわけではないですが、気配りやお芝居に対する姿勢とかで感じさせていただきました。さすが座長です! ところで、私の白黒ハッキリしている感じって現場でも出ていました?」

千葉「もちろんバラエティ番組なので違うとは思いますが、なんかそういうイメージが勝手にあって(笑)。でもお芝居をされている姿は、女優として覚悟を決めた凛とした姿で、いつもとはまた違った格好良さがありました。初めて見るタイプの女優さんだと思いました」

白石「うれしいです!」

千葉「それにしても本当に大変なシーンが多かったでしょ。犯人につけ回されたり走ったり…。でもカメラの前だけでなく、準備中から弱音をまったく吐かなくて…。さすがですね」

白石「それは千葉さんも同じで。私も千葉さんの姿勢を見させていただき、真似していきたいと思いましたから」

――現場ではいろいろお話をされたのですか?

千葉「う~ん…」

白石「ハハハ(笑)。私も人見知りなところもあって、そこまでお話しできなかったんですよ。緊迫感のあるシーンも多かったので」

千葉「そうなんですよね。まぁお話をしてないかといえばしているんですが、これといったエピソードがなくて…。お互いの人見知りセンサーが発動しちゃいました。ただ芝居については、監督を含めて現場の皆さんとディスカッションしながら決めていきました」

白石「監督が本当に温かい方で、楽しく演技できたのでありがたかったです」

千葉「しかし、完成した作品を改めて見て、白石さんの演技はさすがだと思いましたね。特に、加賀谷と一緒にいるときと彼女の会社の社長である笹岡(鈴木拡樹)といるときのキャラクターが微妙に違うんですよ。笹岡といるときはしっかりしているけど優しくてちょっとよそ行きの社会人としての美乃里を表現していて、対して加賀谷いるときはちょっと気が強くて素を出している感じ。この演じ分けはさすがだと思いました」

カップル役を演じた感想は? (2/2)

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
2月21日(金)、全国東宝系で公開
出演:千葉雄大 白石麻衣 
   鈴木拡樹/音尾琢真 江口のりこ 奈緒 飯尾和樹(ずん) 高橋ユウ ko-dai(Sonar Pocket)
   平子祐希(アルコ&ピース) 谷川りさこ アキラ100%・今田美桜(友情出演)/田中哲司
   北川景子(特別出演) 田中圭(特別出演)
   成田凌/井浦新
原作:志駕晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫)※2018年11月発売
企画プロデュース:平野隆
監督:中田秀夫
脚本:大石哲也
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
コピーライト:(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
公式サイト:http://sumaho-otoshita.jp/
公式Twitter:@sumaho_otoshita

◆千葉雄大、白石麻衣、成田凌らのSPインタビューなどを続々!!
映画「スマホを落としただけなのに」SP特集

関連番組

関連人物