妻夫木聡&柄本佑、照れながらも夏帆に真っ赤な薔薇と“感謝の思い”をプレゼント

2020/02/22 20:16 配信

映画「Red」公開記念舞台あいさつが2月22日に東京都内で開催され、夏帆妻夫木聡柄本佑間宮祥太朗三島有紀子監督が登壇した。

映画「Red」公開記念舞台あいさつに登場した三島有紀子監督、柄本佑、夏帆、妻夫木聡、間宮祥太朗(写真左から)

映画「Red」公開記念舞台あいさつに登場した三島有紀子監督、柄本佑、夏帆、妻夫木聡、間宮祥太朗(写真左から)

現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生が、センセーショナルな表現で新境地を開いた同名小説を三島監督が映画化。

平凡な結婚、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていたはずだった塔子(夏帆)が、10年ぶりに昔の恋人・鞍田(妻夫木)に再会し、運命は予想もしない方向へ走り出す様を描く。

夏帆

夏帆

塔子の迷いと葛藤、そして大胆なベットシーンも体当たりで演じ切った夏帆。演じるに当たって意識したことを聞かれ、「三島監督から今までに見たことのない顔が見たいとおっしゃっていただいて。そこを出すにはどうしたらいいのだろうと、ずっと悩んでいました」と回顧。

また、「自分ができる範囲内のお芝居から一歩踏み出そうと現場で葛藤し、この作品のために自分ができる範囲のことはなんだってやってやろうという気持ちで、ずっと現場にいました」と振り返り、「悩んだけど、それだけ役に没頭できる時間を与えていただけたのは、大変でもあったけどとても幸せな時間だったと思います」と充実した表情を見せた。

妻夫木聡

妻夫木聡

結婚している塔子と鞍田の禁断の愛が描かれるが、妻夫木は2人の愛について「監督に『宿命』と言われて腑に落ちた」と明かし、「好きとか、嫌いとか制約に縛られる関係ではなくて、ただ一緒にいたい、大事に思うとか、今自分が求めてるのはこの人の存在だったという関係性だったのかなと思います」としみじみ。

柄本佑

柄本佑

柄本は「日常生活で我慢していることもあると思う。本当だったらやってはいけないことを、小説や映画で疑似体験することによって、スッキリできるのかも。こういった作品が作られる意味って、そういうデトックス的な効果があるからなのでは」と持論を明かし、「大人のキラキラしたデトックス映画です」とアピールした。

主演の夏帆に花束を…! (2/4)

映画「Red」
公開中
公式HP:https://redmovie.jp/



4月スタート春ドラマまとめ

関連人物