テロ計画の黒幕・高杉真宙”篠田”、狂気の演技に称賛の声<絶対零度>

2020/03/17 12:37 配信

【写真を見る】黒幕の正体が明らかに!前向きなラストを迎えた「絶対零度」が“視聴熱”ドラマランキング1位に

【写真を見る】黒幕の正体が明らかに!前向きなラストを迎えた「絶対零度」が“視聴熱”ドラマランキング1位に

WEBサイト ザテレビジョンでは、3月16日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(2020年版)」(フジテレビ系)15146pt

3月16日に最終回が放送された。テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体は篠田(高杉真宙)だった。香坂(水野美紀)の死で自分を責めていた小田切(本田翼)は、警察を辞める決意をする。

そんななか、ミハンが篠田を危険人物として探知する。井沢(沢村一樹)は篠田がいる場所が、“始まりの場所”である、26年前に神経ガスがまかれた映画館だと気付く。井沢と山内(横山裕)、加賀美(柄本明)、吉岡(森永悠希)は、すべてを終わらせるために動き出す。

映画館で井沢は篠田と対峙。篠田は、香坂を射殺したこと、さらに井沢の妻子を殺したことも告白した。ミハンが行った初めてのテストケースの冤罪事件の事実を知った井沢の妻に、それを井沢に告げないように言いに行ったが拒否されたため、殺したのだった。

「犯罪がすべてを狂わせる。人を、人の人生を!」と言いつつ、娘の最期の言葉を井沢に告げるなど、篠田の狂気を見事に体現した高杉に称賛が集まった。

井沢と篠田は、ともに犯罪を憎んでいる者同士だが、「死んじゃだめだよ」という娘の言葉や、「あなたを信じています」という香坂の言葉などを思い返した井沢は、篠田に銃を向けるも“一線”を超えることはなかった。一方、篠田が井沢に自分を殺すように挑発していたのは、ミハンのシステムが察知した危険人物の事件を解決し、法制化に進めたいためだった。

篠田に「君を許す」と告げた井沢。篠田は事件のなかで負った傷がもとで死んだ。

その後、篠田から小田切にあてた本当の思いをつづった手紙、香坂が亡くなった場所で花を手向け「あなたに出会えてよかった」とつぶやいた井沢のシーンは、視聴者の涙を誘った。

井沢は妻子の遺影をようやく飾ることができ、一歩前に進めた象徴的なラストとなった。SNSでは「前を向けて良かった」という感想がある一方、終わりを迎えたことに寂しさを感じる声も。しかし、特報として次週にafter storyが放送されることが告知されると歓喜のコメントがあふれた。

最終回目前!大反響「恋つづ」が2位 (2/3)

◆先週、視聴熱で高ポイントを記録したドラマ&バラエティーはこちら!
「視聴熱高ポイント番組まとめ」

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆
「視聴熱」デイリーランキング


関連番組