元宝塚男役トップスター・明日海りおが日本版「ムーラン」の声優に決定!実写版オリジナルキャラは小池栄子

2020/03/20 04:00 配信

明日海りおと小池栄子が実写版「ムーラン」の日本版声優に決定!

明日海りおと小池栄子が実写版「ムーラン」の日本版声優に決定!

元宝塚歌劇団男役トップスターの明日海りお小池栄子が、5月22日(金)に全国公開される映画「ムーラン」の日本版声優に決定。明日海にとって本作が宝塚歌劇団退団後、初めての仕事となる。

ディズニー・アニメーションの傑作の主人公として全世界で愛されてきた少女・ムーランの物語を、空前のスケールで実写映画化する本作。

明日海は主人公のムーランを、小池は実写版オリジナルキャラクターである“魔女”シェンニャンを演じる。

元男役ならでは!?「ムーランと逆転してしまうような現象が起きてしまいましたね」

「語りだしたら1週間は止まらない!」というほどのディズニー好きだという明日海は、「『もしディズニーの吹き替えのオーディションがあれば是非エントリーしたいです!』と事務所の人に伝えようと思っていた時にちょうど『ムーラン』のオーディションの連絡が来て、鳥肌が立ちました」とオファーについて明かす。

また、明日海が演じるムーランは家族を守るため、父の身代わりに男性と偽って兵士になるという役どころ。宝塚で長年男役として活躍してきた明日海は、「戦いのシーンも多く演じてきているため、力強いかけ声や、『ハァ~!』とか『フッ!』などの息遣いにはすごく役に立ったのではないかなと思います」とこれまでの経験が生きたという。

一方で、「女の子としてムーランが生活しているときに、不自然さが漂ってしまって、男に扮しているときの声がすごくなじむというか、リラックスしてしまう時があるんです。ムーランが一生懸命男の人に混じって、男として振舞うことの健気さとか初々しさがなくなってしまい、ムーランと逆転してしまうような現象が起きてしまいましたね」と明日海ならではの苦労があったことも明かした。

小池栄子が演じるのは実写版オリジナルキャラクター! (2/2)

映画「ムーラン」
日本版予告編(60秒・吹替版)

全米公開:3月27日(金) 
日本公開:5月22日(金)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
監督:ニキ・カーロ(『クジラの島の少女』ほか) 
キャスト:リウ・イーフェイ/コン・リー/ジェット・リー/ドニー・イェン  
オリジナル・サウンドトラック:ウォルト・ディズニー・レコード/ジュニアノベル:小学館  
コピーライト:(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


4月スタート春アニメまとめ

関連番組

関連人物