EXILE NAOTO初主演映画「DANCING MARY―」がポルト国際映画祭で審査委員特別賞を受賞

2020/03/21 11:00 配信

【写真を見る】EXILE NAOTO主演の映画「DANCING MARY ダンシング・マリー」は時空を超えて奮闘するヒューマン・コメディー

【写真を見る】EXILE NAOTO主演の映画「DANCING MARY ダンシング・マリー」は時空を超えて奮闘するヒューマン・コメディー

(C)2020映画「DANCING MARY」製作委員会

EXILE NAOTO(EXILE三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が初めて映画主演を務めた「DANCING MARY ダンシング・マリー」が、世界三大ファンタスティック映画祭の一つ「ポルト国際映画祭2020」で審査委員特別賞を受賞した。

SABU監督がメガホンを取った本作は、2019年には同じく世界三大ファンタスティック映画祭の「シッチェス・カタロニア国際映画祭」にも正式出品し、ワールドプレミア上映を行っている。

長編主演デビューとしては快挙となる受賞に、NAOTOは「こんなにも光栄な賞を受賞し、とてもうれしく思います」と喜びのコメント。

年内を予定している日本での公開に向け、「楽しみにしていて下さい」と呼び掛けた。

イントロダクション

解体予定のダンスホールにすみついたダンサー・マリーの霊から「恋人のジョニーを探してほしい」と頼まれた、しがない市役所職員の研二(NAOTO)と霊能力を持つ女子高校生・雪子が、二人の恋を成就させるため時空を超えて奮闘するヒューマン・コメディー。

北九州、東京、そして台湾で撮影を敢行した本作は、SABU監督のオリジナル脚本で構成されており、アクションもふんだんに散りばめられた作品となっている。

EXILE NAOTO&SABU監督から喜びのコメントが到着 (2/2)

映画「DANCING MARY ダンシング・マリー」
2020年全国公開予定
監督・脚本=SABU
出演=EXILE NAOTO、山田愛奈/石橋凌 ほか
(C)2020映画「DANCING MARY」製作委員会

関連人物