「テセウスの船」、デイリーランキング1位で有終の美を飾る! ラストにタイトルの回収も!

2020/03/23 15:00 配信

「テセウスの船」が第1位!

「テセウスの船」が第1位!

WEBサイト ザテレビジョンでは、3月22日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「テセウスの船」(TBS系)86628pt

3月22日に最終回が25分拡大で放送された。SNSでは事件の黒幕について放送前から考察が盛り上がり、視聴熱でも放送スタート以来の最高ポイントを獲得。デイリーランキング1位で有終の美を飾った。

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見され、文吾(鈴木亮平)は逮捕されてしまう。文吾はみきお(柴崎楓雅)とその共犯者の存在について訴えるが、警察は取り合わない。

心(竹内涼真)がみきおのメッセージに気づき、音臼小に向かうと、みきおは「僕はただヒーローになりたいだけだったのに、鈴ちゃんの」と告白。文吾の娘・鈴(白鳥玉季)がいじめから助けてくれたことで「正義の味方になる」と決めたが、鈴は父親のことが大好きだったため、ヒーローは1人でいいと、文吾を犯人にするための犯行を行ったのだった。

しかし、状況が変わり、「今、鈴ちゃんが一番喜ぶのは、佐野文吾を無罪にしてあげることだよね」と毒を飲んだ。さらに心が事件の真相を追っていると、釈放された文吾当てに届いた黒幕からの最後のメッセージを見つける。

みきおの共犯者で、事件の黒幕は正志(せいや)だった。12年前の村祭りで、誤って毒キノコをキノコ汁に入れてしまった母親を文吾が逮捕。そこから不幸にみまわれた正志は文吾を恨んでいたのだった。

黒幕の正体は原作とは違っていたが、視聴者からは「まさか」という声が上がった。そして文吾を助けようとして心がナイフで刺され、死んでしまった。

ラストは現代で佐野家の一同が集まるシーンだった。心はいるが、過去にタイムスリップした“心”ではないという矛盾。ギリシャ神話がモチーフとなったパラドックス(逆説)を示すタイトルの回収がされた。そんななか、心の兄である大人になった慎吾の役で、ハライチ・澤部佑が初登場したことも注目を集めた。

第十回「ひとりぼっちの若君」を放送 (2/3)

◆先週、視聴熱で高ポイントを記録したドラマ&バラエティーはこちら!
「視聴熱高ポイント番組まとめ」

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆
「視聴熱」デイリーランキング