<試写室>「17.3 about a sex」は高校の“道徳”で観たい性の教科書! 女子高生が駆け上がる大人への階段を描く

2020/09/17 11:45 配信

ドラマ

 「17.3 about a sex」第1話

「17.3 about a sex」第1話

小学校の授業には「道徳」がある。

児童が社会での善悪の判断を身に付け、生命や他人を大切に思いやる心を養う大事な科目だ。しかし、多くの高等学校で「道徳」は授業としては教えない。もう生活の基本ルールが備わっていると見なされるのが高校生だ。

ところが、高校生はまだ大人ではない。

恋人ができたら一人前?処女&童貞を卒業したら大人の仲間入り?いや、高校生は性に関しての基本ルールが何も備わっていない未熟者たちの集団。自分の身体の変化や異性との付き合いについて、一人悶々と悩んでいる高校生に是非見てもらいたい、性の教科書的ドラマがスタートする。

各局で放送されているドラマやバラエティーなどを事前に視聴し、オリジナルレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」で9月17日(木)から放送・配信する新ドラマ「17.3 about a sex」(毎週木曜夜11:00、ABEMA SPECIAL)を取り上げる。

キスの次はどうするの!? 悩める女子高生の赤裸々トーク

新ドラマ「17.3 about a sex」は、17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描く、ひと夏の青春恋愛物語。

初体験平均年齢が17.3歳と知った咲良(永瀬莉子)、紬(田鍋梨々花)、祐奈(秋田汐梨)の仲良し女子高生3人組が、自分たちの“性の価値観”と向き合い始める。本当は知りたいけど、誰も教えてくれないセックスのことを、女子の本音満載で語り尽くす女子たち。

男の子を好きになったら、付き合って、キスして、それから…!?初めての日を迎えるときの準備は?痛くないの?そもそもセックスってしなきゃダメ?など、次から次へとあふれ出てくる若者の悩みについて、各エピソードごとに描かれていく。

性の“教科書”になり得るドラマであると述べたが、作品に堅苦しさはまったく無い。ホントは誰もが知りたいセックスのことがリアルに、ポップで爽やかに描かれているので、現役高校生も大人が見ても楽しめる作品となっている。「恋仲」、「好きな人がいること」、「グッド・ドクター」などのヒットメーカー・藤野良太プロデューサーが手掛ける。

初回放送をお先にレビュー! (2/3)

「17.3 about a sex」
9月17日(木)スタート、毎週(木)夜11:00-
(初回配信のみ1話から3話を一挙配信、以降1話ずつ配信)
ABEMA SPECIALチャンネルで放送

【9月17日(木)夜11:00-】「17.3 about a sex」#1~3
ABEMA「17.3 about a sex」


■特報映像&アーカイブはこちらから
ABEMA「17.3 about a sex」


→ABEMAで他の「ドラマ」を見る

関連番組

関連人物