椿姫彩菜が指摘する有村昆とバットマンの共通点!?

2011/11/21 23:45 配信

発売記念イベントに登場した椿姫彩菜と有村昆

発売記念イベントに登場した椿姫彩菜と有村昆

何度も映画やアニメ化されているアメコミ・ヒーロー、バットマン。そのプレイステーション3・Xbox360用ゲームソフト「バットマン:アーカム・シティ」が11月23日(水)にリリースされる。発売を記念したイベントが11月21日に都内で行われ、椿姫彩菜と有村昆がゲストとして登場した。

同作は「バットマン アーカム・アサイラム」に続くシリーズ最新作。ゴッサム・シティの中に建設された巨大刑務所が舞台となり、前作よりマップの規模は5倍以上に広がった。初心者でも簡単に操作ができ、プレイステーション3とXbox360ならではの映画に迫るクオリティーの映像で爽快感あふれるアクションが楽しめる。また、ダウンロードコンテンツでバットマンだけでなく、人気キャラクターのキャットウーマンでプレイすることも可能だ。海外では10月18日に発売済みで、全世界で460万本の出荷を記録。海外メディアからも熱い支持を受けている。

以前テレビ番組で共演した際、「バットマン」の話で盛り上がったという椿姫と有村。映画コメンテーターの有村から「見た目はカワイイですが、(映画の見方は)ものすごくマニアック」と評された椿姫は、「バットマン」を「ほっとけないヒーロー」だと魅力を分析。「ほかのヒーローと違って特殊能力があるわけでもない。仲間もいっぱいいるわけじゃなくて孤軍奮闘していて、敵とか身内で綺麗な女性が来るとすぐ誘惑されちゃったりとか、ほんとほっておけない」とコメント。対する有村は「男からするとほっとけない。振り回されちゃう」と“魔性の女”のキャラクター、キャットウーマンの魅力について語った。「僕はMですから、振り回されるぐらいがちょうどいいのかな?」と続けて暴露すると、椿姫は「振り回されたいんですよね。御曹司の人ってそういう人多いらしいですよ~。バットマンしかり」と、御曹司として生まれ、昼間は大富豪のバットマンと“御曹司”キャラの有村との共通点に鋭くツッコミを入れていた。

その後2人は会場の大スクリーンでゲームを実際に体験。思わず無言になってしまうほど真剣にプレイしていた椿姫は、「自由度が高い。身近なものを壊して攻撃したりとか、椅子で攻撃されたらカウンターで椅子を投げ返すとか」と語り、「バットマンの世界に入り込めた感じ」と絶賛した。「直感的にできましたね。あまり説明書とか読まずに」という有村は、「CGの世界はすごいので、どこまでが映画でどこまでがゲームかというのがわからなくなってきている。“映画の主人公になれる”という夢を体現しているのではないかという気がします」と映画に近づいてきたゲームに驚きを隠せない様子だった。

「バットマン:アーカム・シティ」
プラットフォーム:プレイステーション3、Xbox360
価格:7980円
コレクターズ・エディション(PS3のみ) 価格:14,800円
※コレクターズ・エディションはコトブキヤによる日本限定版バットマンフィギュア、アートブック、ポストカード、各種DLC(ダウンロードコンテンツ)をセットにした豪華版