「遺留捜査」八嶋智人インタビューPart2「とてもリアリティーのある物語だなと思います」

2012/07/19 09:00 配信

ドラマ

すでに息がピッタリな主人公・糸村役の上川隆也とのシーンは必見!

すでに息がピッタリな主人公・糸村役の上川隆也とのシーンは必見!

<「遺留捜査」八嶋智人インタビューPart1の続き>

――実際に糸村刑事(上川隆也)のような人が周囲にいたら、友達になれそうですか?

どうでしょうね。マイペースな人は僕にとって“賭け”だと思うんです。その人が持っている陰か陽かをね…。はっきりと陽な感じの人っているじゃないですか。どうにもこうにも憎めない人。反対にどうにもこうにも好きになれないという人もいて、パカっと分かれると思うんですよね。たぶん糸村さんは、僕が佐久間という人間でなければ大丈夫だと思います。なんだかんだいってちゃんとしているというか、なぜか良い方に転がる、事件が解決するように転がっているし。むしろ我々が追い切れない範疇を全て覆って、なおかつそれ以外のところも網羅してくれるので、そういう意味では普通なら友達になれそうな気がします。それに、なんとなく上川さんご本人とキャラクターが合っているような気がしますよね。上川さんご自身もすごく神経が太くてマイペース、要はタフということですかね。打たれ強いというか…。そういう人はやっぱり主役タイプだと思うし、物語を背負うという意味では向いていると思う。そして、ちゃんと気遣いというか、みんなと一緒にいるときのコミュニケーション能力も高い。すごく気遣ってくれるので、ただ、僕がずっとしょうもないことを喋り続けているんでね。僕ってどちらかというとツッコミなんですけど、しょうもないことをずっと言って、段々みんな拾ってもくれなくなるんですが、意外と上川さんだけは全部拾ってくれる(笑)。「なんでやねん」みたいなそういうもうギリギリ…なときもありますけど。だから意外とツッコミ気質なんですよね~。僕ずっと上川さんはボケの人だと思っていたんですよ。でも、すごくツッコミ気質な部分もあるんだな~。とても守備範囲が広い人だなと。人としての器がでかい。

――そういえばクランクイン取材のときも、上川さん一人でツッコまれていましたよね。

そうなんですよ、意外と珍しいケースですよ。僕がツッコまれるとか。で、それを楽しんでいるというか。本当に「えっ、そこも?」というところまで拾ってくれるんですよ。

――刑事ドラマにも多数出演されていますが、独特の言い回しや警察用語などはもう体に染み付いていますか?

刑事モノは言葉自体は医療モノより楽です。まあ楽ということはないけど。本当はもっと簡略化されていると思うんですよ。本当のお医者さんも本当の刑事さんも。みんなが分かりやすく言うときに、病名の方がしんどいのはしんどいですね。言葉が長いし、病名なので絶対に間違えちゃいけないし。逆に刑事モノの何が難しいかって事実確認がどういう風に出てきていてという、本当に謎解きのようなブロックは撮り順がバラバラだから。一つ何かニュアンスを間違えちゃうと全く繋がらないということになる。だからときどき確認しますよ。「ここではこう言っているけど、これってこういうことでいいんだよね?」みたいな。なんとなくみんなで、「あれ、この人はどこまで知っているんだっけ?」とかね。この人がこの人に何をしたか、どういう理由でそれをしたか、そこまで知っていての「そうですね」なのか、まだ途中までの事実であまり知らない中での「そうですね」なのか、そういうところが刑事モノは大変ですよね。ほかの二人が聞き込みに行ったことを、別の刑事はどの程度まで詳しく知っているのかとか、この程度までは共通認識として知っているのかとか、そういうのが難しいです。

―――刑事ドラマとしてみた場合、「遺留捜査」がほかのドラマと違う魅力はどこですか?

やはり上川さん演じる糸村が残った物証から広がっていく物語を全て読み解こうとする、というところでしょうね。犯人がいて、事件があって、解決するというのはもちろんですが、具体的に何かがあるというところから物語を逆算していくっていうのは一つの醍醐味としてあるんじゃないでしょうか。本当に1話もそうだけど、「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな。事の発端と、結末が一瞬繋がっていないように思うんだけど、それがいろんなところで繋がっていたということが世の中にはたくさんある。そういう意味ではドラマだからすごく凝縮されているけれど、とてもリアリティーのある物語だなと思います。

――最後に、佐久間を演じる意気込みと読者の方へメッセージをお願いします!

とにかく糸村さんのことをなぜそこまで疎ましく思うのか、という裏側まで。嫉妬なのか、ほかにいろんなことがあるのか、という人間関係的なところまでいくことができれば…。僕だけじゃなくてそれぞれがいければ、何か単純な刑事モノよりは豊かな刑事ドラマになると思っていますし、それができるメンバーだし。それができるキャストとスタッフだと思うので、楽しみにしてもらいたいなと思います。

ドラマ「遺留捜査」
毎週木曜夜9:00-9:54 テレビ朝日系で放送中
※7月19日(木)は放送休止。第2話は7月26日(木)に放送

関連ニュース

画像で見るニュース